【MOTイベント情報】2022年1月4日(火)に MOTシンポジウム:「デジタル化に伴う流通・ものづくりの革新」を教員によるパネルディスカッション形式で行います(オンライン開催)

東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)では、従来より公開授業、各種シンポジウム、セミナーなどを開催して、学外に向けて広く、本専攻の活動や教育研究の成果を公表して参りました。

この度、MOTの3名の教員により、「デジタル化に伴う流通・ものづくりの革新」と題して、パネルディスカッションをオンラインで開催します。
新型コロナウィルス感染拡大を機に、EC(電子商取引)にシフトする傾向が強まるなど、デジタル化の進展とともに、流通構造は大きく変化しようとしています。このデジタル化をめぐる動向をどうみるかについて、デジタルマーケティング、小売業、消費者行動のそれぞれの観点からMOT教員が問題提起を行った上で、デジタル化に伴い流通や商品開発がどのような変化を遂げていくのかについて、パネルディスカッションを行います。
特にデジタル化が進むとともに、ウィズコロナ、アフターコロナ時代の流通の将来像がどうなるのか、そして顧客・消費者との消費財メーカーが直接、繋がる新たなビジネスモデル(D2C)の進化やユーザーとの共創によるイノベーションの活用が進む中での商品開発のあり方、製販一体で競争力を強める業務スーパー(神戸物産など)のような新業態の可能性について、議論を深める予定です。
当日は皆様からの質疑を行う時間も設けておりますので、ぜひ深い学びの機会にご参加ください。
新年早々の企画となりますが、本専攻の活動に関心を持たれている方、将来の入学を検討している方をはじめとして、広くご参加いただければ幸いに存じます。

MOTシンポジウム:「デジタル化に伴う流通・ものづくりの革新」(MOT教員によるパネルディスカッション)

■開催日時:2022年1月4日(火) 18:00~19:00
■パネリスト:東京理科大学大学院 経営学研究科教授技術経営専攻 青木英彦

東京理科大学大学院 経営学研究科技術経営専攻 非常勤講師 田村修(株式会社5(ファイブ)専務執行役員、MOT修了生)

■モデレーター:東京理科大学大学院 経営学研究科教授技術経営専攻 日戸浩之
■開催形式:遠隔(Zoom)によるオンライン開催
・下記サイトから申込された方に前日までに参加用URLを送付します。

*お申込について
下記、URLから申し込みをお願いします。(締切は前日17:00を予定)
https://www12.webcas.net/form/pub/tus-mot/form220104