【MOTイベント情報】11月1日(月) にMOTシンポジウム: 「修了生が語る『実践MOT』の最前線」パート②をオンライン開催

東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)は、公開授業、各種シンポジウム、セミナーなどを開催して、学外に向けて広く、本専攻の活動や教育研究の成果を公表しています。

2021年10月25日(月)からは3週にわたり、MOTシンポジウム「修了生が語る『実践MOT』の最前線」をオンラインで開催しております。
理科大MOTの学生は、多くの方が、実務経験豊富なエキスパート。しかも、在学中には、技術経営に関連する一つのテーマを、約1年かけてじっくり研究し、長文のペーパーを執筆します。
研究成果の中には、有料講演に匹敵する価値を持つものも、少なくありません。
今回は、その一部を「修了生が語る『実践MOT』の最前線」と題して、3人の修了生に「在学時の研究とその後」を、講演して頂きます。また併せて「ビジネススクールで学ぶ価値」についても、在学時の経験を基に、語って頂きます。

「修了生が語る『実践MOT』の最前線」は、全3回のシリーズで、各回に1人ずつ登壇して頂きます。
今回は、そのパート②となります。

—————————————————————————–
MOTシンポジウム: 「修了生が語る『実践MOT』の最前線」パート②

登壇者 & プログラム

■ 開催日時:2021年11月1日(月)19:00〜20:30
■ 登壇者:伊東孝さん / 株式会社シンクロン 元顧問(2020年3月修了生)
<株式会社シンクロンについて>
真空薄膜形成装置(光学薄膜の形成)に関連した研究、開発、設計、製造、販売、技術サービスなどを総合的に行っている。2000年代より日本国外(アジア圏)への進出を加速しており、2015年にはシンクロンアメリカを設立。
<著作・講演>
『優れたプロパーシニアの「遊休化」 ~シニア活用で見過ごされた課題~』日本経営学会 第94回大会にて発表(2020年)
『日本企業で働くシニアの「遊休化」 ~「問題起点」の原因整理~』日本経営学会 第95回大会にて発表(2021年)
<所属団体>
日本経営学会
■ モデレーター:岸本太一 / MOT講師
■ 開催形式:遠隔(Zoom)によるオンライン開催

第1部:「在学時の研究とその後」(19:00〜20:00)
・講演タイトル「優れたシニアの活かし方 〜優秀なシニアが遊休化するメカニズムとその克服〜」

第2部:「シニアがビジネススクールで学ぶ価値」(20:00〜20:30)
・ご自身がシニアである伊東さんに、在学時の経験を基に、語って頂きます。

<申し込みサイト>
下記、URLから申し込みをお願いします。(締切は前日17:00を予定)
https://www12.webcas.net/form/pub/tus-mot/form211101
※オンラインセミナーの注意点
・本オンラインセミナーはテレビ会議アプリ「Zoom」を利用して行います。スマートフォンでご覧いただく場合は事前にZoomのアプリを入れていただく必要があります。
・お申込みいただいた方には、開催前日までに視聴者用のURL、Zoomでの受講方法を登録されたメールアドレスにお送りします。
・視聴者用のURLはお申込みいただいた方のみ有効です。第三者に提供することは禁止です。
・配信の録画・録音・撮影は禁止です。
・開催当日、Zoomに関するお問い合わせはお受けできません。
・その他、個人情報の取り扱いについては、本学プライバシーポリシーをご覧ください。

【お問い合わせ先】 mot-tus@rs.tus.ac.jp

これから開催する講座・イベント