【御案内】2021年7月11日(日)にMOTシンポジウム「日本車は生き残れるか~産業社会の構造変化と未来を拓く視座を展望する」を開催します(オンライン開催)

東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)では、従来より公開授業、各種シンポジウム、セミナーなどを開催して、学外に向けて広く、本専攻の活動や教育研究の成果を公表して参りました。

この度、2021年7月11日(日)10:30~12:00に、「日本車は生き残れるか」(https://gendai.ismedia.jp/list/books/gendai-shinsho/9784065235294 2021年5月 講談社現代新書)の著者 桑島浩彰様、川端由美様をお迎えします。日本経済の大黒柱を務めてきた自動車産業を切り口に、産業社会の構造変化の本質的な意義を探り、今後の未来を切り拓く人材に求められる視座等についての議論を展開します。
当日は、桑島様、川端様に直接ご質問いただけるお時間も設けておりますので、ぜひ深い学びの機会にご参加ください。

https://gendai.ismedia.jp/list/books/gendai-shinsho/9784065235294

日本車は生き残れるか (講談社現代新書) 新書 – 2021/5/19 桑島 浩彰 (著), 川端 由美 (著)

 

本専攻の活動に関心を持たれている方、将来の入学を検討している方をはじめとして、広くご参加いただければ幸いに存じます。

 

(桑島浩彰ご紹介)
東京大学経済学部卒業。ハーバード大学経営大学院およびケネディ行政大学院共同学位プログラム修了(MBA/MPA)。三菱商事、ドリームインキュベータ、ベンチャー経営2社を経て、現在K&アソシエイツ取締役、カリフォルニア⼤学バークレー校ハース経営大学院エグゼクティブ・フェロー。神戸大学大学院経営学研究科博士課程在学中。東洋経済オンラインなどに記事寄稿多数。
(川端由美様ご紹介)
工学修士。部品メーカーでエンジニアとして勤めたあと、二玄社『NAVI』編集記者に転身。ジャーナリストとして、自動車の新技術と環境問題を中心に取材活動を行う。海外のモーターショーや学会を精力的に取材。戦略コンサル・ファームに勤務後、戦略イノベーション・スペシャリストとしても活躍中。内閣官房(道路交通ワーキンググループ)構成員、国土交通省MaaS懇談会有識者委員などを歴任。


MOTシンポジウム「日本車は生き残れるか~産業社会の構造変化と未来を拓く視座を展望する」

■開催日時:2021年7月11日(日)10:30~12:00
■スピーカー:カリフォルニア⼤学バークレー校ハース経営大学院エグゼクティブ・フェロー桑島浩彰様
ジャーナリスト/戦略イノベーション・スペシャリスト川端由美様
■モデレーター:石橋哲MOT教授
■開催形式:遠隔(Zoom)によるオンライン開催

※お申込について
下記、URLから申し込みをお願いします。(締切は前日17:00を予定)
https://www12.webcas.net/form/pub/tus-mot/form0711

※オンラインセミナーの注意点
・本オンラインセミナーはテレビ会議アプリ「Zoom」を利用して行います。スマートフォンでご覧いただく場合は事前にZoomのアプリを入れていただく必要があります。
・お申込みいただいた方には、開催前日までに視聴者用のURL、Zoomでの受講方法を登録されたメールアドレスにお送りします。
・視聴者用のURLはお申込みいただいた方のみ有効です。第三者に提供することは禁止です。
・配信の録画・録音・撮影は禁止です。
・開催当日、Zoomに関するお問い合わせはお受けできません。
・その他、個人情報の取り扱いについては、本学プライバシーポリシーをご覧ください。
https://www.tus.ac.jp/privacypolicy/

【お問い合わせ先】 mot-tus@rs.tus.ac.jp