【オンラインセミナーのご案内】2021年5月17日(月)にMOTシンポジウム「東芝問題再考」を開催します

東京理科大学MOTでは、従来より公開授業、各種シンポジウム、セミナーなどを開催して、学外に向けて広く、本専攻の活動や教育研究の成果を公表して参りました。
この度、新年度を迎え、2021年5月17日(月)18:30~20:00に、「東芝問題を考える」をテーマとしたMOTシンポジウムをオンラインで開催いたします。
再び、東芝に関して、問題が再燃しております。
そこでアナリスト、ヘッジファンドのファンドマネージャーを経ながら長年、電機・半導体業界や東芝をフォローしてきた本専攻(MOT)の若林秀樹専攻長・教授が、価値創造で著名な(株)バリュークリエイトの佐藤明氏(本学非常勤講師)と対談しながら、問題の本質に迫ります。
さらに、参加者の皆様とディスカッションを行う予定です。
本専攻の活動に関心を持たれている方、将来の入学を検討している方をはじめとして、広くご参加いただければ幸いに存じます。
詳細は、下記のURLをご参照の上、お申し込みいただければと存じます。

https://most.tus.ac.jp/event/