2020年度修了生の皆様、御卒業おめでとうございます

2021年3月18日(木)に、東京理科大学の「2020年度 学位記・修了証書授与式」が日本武道館で挙行されました。経営学研究科技術経営専攻(MOT)の修了生を代表して学生代表(総代)の井田琢也さんが壇上に上がり、松本洋一郎学長から学位記を授与されました。
その後、P51教室(PORTA神楽坂5階)にて、経営学研究科技術経営専攻(MOT)として、若林秀樹専攻主任(専攻長)から祝辞が述べられた後に学生代表(総代)、優秀学生と「グラデュエーションペーパー」の最優秀賞と優秀賞の各受賞者に、個別に学位記授与と各賞の表彰が行われました。さらに出席された専攻の先生方からそれぞれお祝いの言葉が述べられ、最後に修了生を代表して井田琢也さんが謝辞を述べて無事に会を終了いたしました。
他の修了生の皆様には、プロジェクトの指導教員から学生毎に時間帯を分けて学位記を授与しました。
修了生の皆様、御卒業、誠におめでとうございます!!
<若林専攻主任(専攻長)の祝辞>
経営学研究科技術経営専攻修了生の皆様、この度は、おめでとうございます。本専攻を代表して、一言、御挨拶を申し上げます。
皆さんは、新MOTの二期生として、立派に仕事と学業を両立、また素晴らしいグラデュエーションペーパーも完成されましたこと、その志と努力に心より賞賛いたします。私共、教員、事務一同、心よりお祝いを申し上げ、また、共に、新MOTを発展頂いたこと、感謝申し上げます。
今、世界は、新型コロナウイルス感染症の危機に瀕しております。その中で、2020年度は、ZOOMによる授業から始まり、ハイブリッド授業の試み、大学を取りまく環境も大きく変わりました。昨年度は修了式も、中止でしたが、今年度は卒業式・修了式は人数を絞って、開催され、皆さんを代表して、総代の井田さんが学位記を授与されました。本来は、この式も、全員が参加し、その後、肩を叩き、手を握り、杯を酌み交わして、お祝いし、色々なことがあった2年間を思い出し語り合いたいところですが、まだ我慢が必要のようです。その分、修了した後、コロナ禍に人類が科学技術と英知で打ち勝った後、OBとして、神楽坂で、飲み足らなかった分、お出でください。
さて、この12年で、世界大戦並みの多くの命が失われ、長年続いた老舗も廃業、倒産した会社もあります。他方、新しい働き方や、ビジネスも生まれております。まさに、世界は大変革期にあります。この新MOTでは、VUCAの時代、AI・シンギュラリティ時代に、生き抜く力、考える力を体得頂くことを主眼にしてまいりましたが、まさに、それがもう現実となり、皆さんが、その力を発揮する時が到来しました。厳しいカリキュラム・グラデュエーションペーパーを書きあげられた皆様なら、きっと、この困難な時代、変革期を乗り越えていかれると確信しておりますが、どうか健康だけには気をつけられますよう、お願い申し上げます。
今日、皆さんはMOTを修了されますが、これは終わりではなく、新たな始まりでもあります。ここで出会った仲間を大事にし、また、MOTを故郷だと思って、嬉しい時はもちろん、むしろ、悔しい時、辛い時、悲しい時、寂しい時に、お立ち寄りください。我々一同お待ちしております。もちろん、後輩の指導や講義のプレゼンなどにも御協力頂き、OBとして、御支援御指導を願います。
最後に、一言だけ、これは昨年同様、現実的なアドバイスですが、会社などに戻られたら、MOTを忘れ、理論だのは言わず、相手や状況に応じ、話し方、言い方を変えてください。MOTでの学びは既に皆様の血肉となっており、高く広い視座におられます。実るほど頭が下がる稲穂かな、と申します。ちょっとしゃがんで、手や体を動かしてみてください。
本日は、おめでとう、またリアルでもバーチャルでもお会いできますよう。