2018年9月9日(日):【修了生向け】2018年度「知の定期健康診断」を開催しました

東京理科大学専門職大学院は、学生の修了後の「知」の発展や新たな「知」の学びの機会として、「知の定期健康診断」を今年度より実施することとしました。

今年度は、2018年9月9日に神楽坂校舎2号館の2教室で「MBA知診室」と「MTI知診室」を開室し知の健康診断を行いました。

MBA知診室は、「MOTとMBAの融合〜リーマンショック10年で、経営と経営学、世界経済と経済学は何が変わった?」をテーマに、Robert A.Feldman 教授、宮永雅好教授、若林秀樹教授が知の診断を行い、

MTI知診室は、「技術経営温故知新」をテーマに、坂本正典教授、鈴木公明教授、宮永博史教授、生越由美教授が知の診断をおこないました。

PAGE TOP