「MOTシンポジウム MOT+RIST」が2021年2月11日(木)に開催されます

東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)では、既にご案内しています通り、2021年2月11日(木)に「MOTシンポジウム MOT+RIST」を開催いたします。
第3部につきましては、優秀ペーパーの発表後に質疑応答を行うため、終了時間を16:30とさせていただきます。

第1部 基調講演(13:00~14:00)
・ロバート・フェルドマンMOT教授、中原隆志(戴志堅)キャセイ・トライテック(株)代表取締役(MOT非常勤講師)、若林秀樹MOT教授(専攻長)による基調講演後に、質疑とパネルディスカッションを行います。

第2部 MOT FESI 研究部門紹介とパネルディスカッション(14:00~15:00)
・MOT FESIは、2020年4月に設立された東京理科大学総合研究院「技術経営戦略金融工学社会実装研究部門」の略称(FESI: Finance & Engineering Social Implementation)であり、今回はその研究部門の紹介とメンバーによるパネルディスカッションを行います。

第3部 MOT2020年度優秀ペーパー賞 発表(15:00~16:30)
・東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)の2020年度のグラデュエーションペーパーの中から、最優秀ペーパー賞、優秀ペーパー賞に選ばれた学生より、その内容の発表を行います。

それで、第3部で発表するMOT2020年度最優秀ペーパー賞ならびに優秀ペーパー賞が技術経営論文とビジネス企画提案のそれぞれで決定しましたので、こちらにお伝えいたします。

<技術経営論文>
■最優秀ペーパー賞
井田琢也(芝浦メカトロニクス株式会社)「半導体パッケージおよびチップボンダーの価値創造」
■優秀ペーパー賞
海老沢晃(TDK株式会社)「特許共著者ネットワーク分析によるスター研究者とその組織分析」
針ヶ谷厚(オリエンタルモーター株式会社)「アイデアの流れを変える 〜人と人をつなぐリーダーシップ〜」

<ビジネス企画提案>
■最優秀ペーパー賞
井手佑亮(株式会社ニコン)「“映像サポーター”ニコンへの変革-次の次の事業を見据えた新規事業戦略-」
■優秀ペーパー賞
鶴賀寿和(CKD株式会社)「価値創造を促す「見せる工場」によるオープンイノベーション」
阿部光弘(メルコインベストメンツ株式会社)「オンライン店舗から世界観の発信-リアルとWEBから得るそれぞれの購買体験-」

本専攻の活動に関心を持たれている方、将来の入学を検討している方をはじめとして、広くご参加いただければ幸いに存じます。皆様方におかれましては、下記、URLから申し込みをお願いします。(締切は前日17:00を予定)https://www12.webcas.net/form/pub/tus-mot/form0211

これから開催する講座・イベント