【オンライン公開授業のご案内】2021年1月13日(水)にオンラインで授業公開をします

東京理科大学MOTは、2021年4月に入学を希望されている方を対象に、教育の場を体感していただく機会としてオンラインで授業を公開します。

2021年1月13日(水)18:40~20:50では、昨年9月から教員を務める経済産業省の山崎知巳教授による『フィンテック戦略』の授業を公開します。
当日の講義は、中銀デジタル通貨『バコン』を実現したスタートアップ企業であるソラミツ株式会社の社長を務める宮沢和正氏を特別講師(ゲストスピーカー)にお迎えし、同氏がこれまで取り組んできたこと(特にブロックチェーンの応用事例)についてご講演いただきます。(近著あり:「ソラミツ 世界初の中銀デジタル通貨『バコン』を実現したスタートアップー日本発のブロックチェーンで世界を変える(日経BP社)」)

また、同じく1月13日(水)20:20~21:50では、岸本太一講師の『マネジメント総論』の授業を公開します。
当日の講義では、「ガバナンス」をテーマにし、その理解を深めるためのディスカッションを、受講生が作成してきた自社分析レポートとケーススタディーを基に、行います。併せて今回は、本科目の最終回にあたるため、全体のまとめという位置づけで、「マネジメントの鳥瞰図を、座学を通じて獲得する必要性」をレクチャーします。

公開授業への参加は遠隔(Zoom)でお願いします。当日は可能な時間帯に、上記の2つの授業の両方またはいずれかを自由に聴講していただくことを想定していますが、詳細は担当の教員の指示に従ってください。両日ともに本専攻の受験をご検討中の皆様、ふるってご参加ください。

詳細は、下記のURLをご参照の上、お申し込みいただければと思います。

https://most.tus.ac.jp/event/