地図が利用できません

【日時】
2021/12/28(火) 11:00 AM - 12:00 PM

【テーマ・内容】

東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻(MOT)では、公開授業、各種シンポジウム、セミナーなどを開催して、学外に向けて広く、本専攻の活動や教育・研究の成果を公表して参りました。

来る12月28日(火)11時~12時に、2022年を迎えるにあたり、2021年の年末MOTシンポジウム「複雑化する世界にどう向き合うか~感染症・米中対立・気候変動・デジタル日本列島改造論~」を野村総研、ドレスナークラインオートベンソン、JPモルガン、みずほ証券等で長年に渡り、電機半導体分野で日経アナリストランキングでトップアナリストに輝き、更に、ヘッジファンドで運用会社を起業、10年の実績など多彩で豊富な深い実践知を有する若林秀樹専攻長・教授、経済産業省での官僚の経験に裏打ちされた政策立案等の実践知を有する井上悟志教授、長銀、産業再生機構、国会事故調(東電福島原発事故調査委員会)、サイバーセキュリティベンチャー等の多様な経験による実践知を有する石橋哲教授の熱い討論をオンラインでお送りします。
新型コロナウィルス感染拡大は「人新世」ともいわれる世界の変化を加速させ、デジタル化の進展とともに、社会構造は大きく変化しています。同時に、米中対立は新冷戦ともいうべき様相を帯び、産業構造にも大きな影響をもたらしています。
2022年を迎えるあたり、若林教授他2
名の教員による討論をとおして、今後を展望します。
当日は参加される方もパネリストとして討論の渦の中で質疑を行う時間も設けておりますので、ぜひ深い討論のサプライズパネリストとしてご参加ください。

本専攻の活動に関心を持たれている方、将来の入学を検討している方をはじめとして、広くご参加いただければ幸いに存じます。

 

2021年年末MOTシンポジウム「複雑化する世界に向き合う~感染症・米中対立・気候変動・デジタル日本列島改造論2021~」(MOT教員によるパネルディスカッション)

■開催日時:2021年12月28日(火) 11:00~12:00
■パネリスト:
東京理科大学大学院 MOT専攻長。教授 若林秀樹

東京理科大学大学院 MOT教授 井上悟志、同 石橋哲 教授

■開催形式:遠隔(Zoom)によるオンライン開催
・下記サイトから申込された方に前日までに参加用URLを送付します。

*お申込について
下記、URLから申し込みをお願いします。(締切は前日17:00を予定)
https://www12.webcas.net/form/pub/tus-mot/form211228

 

■2022年年始には、以下のMOTシンポジウムを予定しておりますので、併せてご参加ください。

2022年1月4日    「デジタル化に伴う流通・ものづくりの革新」
2022年1月10日  「大谷翔平選手流マンダラチャートを活用した『なりたい自分になる』ためのキャリアデザインと行動管理技術入門 」