専任教員

青木 英彦 教授

グローバルな視点から経営改革の指針を示す!

[経歴]
1989年神戸大学経営学部卒業。1994年Duke大学経営大学院卒業、経営学修士(MBA)取得。2018年神戸大学大学院経営学研究科後期課程卒業、博士(経営学)。

2020年8月まで、のべ31年間にわたり小売業界担当の証券アナリスト業務に従事。ファーストリテイリング、セブン&アイ、ニトリホールディングス、良品計画、イオン、楽天、ZOZO、ローソン、ファミリーマートなど多数の大手小売企業を担当。1989年より野村総合研究所、1996年より野村證券インターナショナル(米国ニューヨーク)、2000年よりゴールドマン・サックス証券東京支店、2005年よりメリルリンチ日本証券、2017年より野村證券にてセルサイド・アナリスト。ニューヨークでは、Amazon.com、Wal-Mart stores、Gap、Coca Colaなどを担当。グローバルな視点と幅広い周辺調査に基づいたサプライチェーン全体の構造分析やデジタル戦略評価に強みを持つ。

産業構造審議会流通部会臨時委員、製・配・販連携協議会準備委員などを歴任。各種アナリストランキングで上位入賞多数。2018第一回ベーシック・レポート・アワードで優秀賞を受賞。トムソン・ロイター アナリストアワード2018「銘柄選定小売セクター」第一位、「銘柄選定総合」第一位。小売、食品、消費財、IT、物流業界など産業界に幅広い人的ネットワークを持ち、現場・現実とセオリーを合体させた講義を心掛けている。ゲスト対談では、30年余にわたる取材経験を活かし、本質を引き出す対話で受講者の学びを深める。

[担当授業科目]
・サービス関連産業特別講義
・イノベーション・起業特別講義

PAGE TOP