その一歩は、未来の数歩、数百歩へ!

入学は、理科大であることに加え、授業内容や教授陣に魅力を感じて、決断しました。
もちろん、決断するまでにも、色々と悩みました。
・私が求めている知識の習得は、可能だろうか?
・(MOTは技術職の学生が多いイメージがあり)技術職に携わったことがない自分が、理科大に入って、本当にやっていけるのだろうか・・・?
このようにです。
しかし実際、約1年経った今、「悩んでいたもの以上に、得たモノが多い」と実感。
「個性・経験豊かな仲間たちとの出逢い」はまさにその最たるものです。
仲間と先生の間で繰り広げられる議論には、違う業界・職種での悩み、考え方の違い、会社は違えど類似した組織体制の中で感じる課題・・・普段の業務の領域を越えて、新たな知識や思考力を養うことが出来ました。
そして、鋭い意見を言う学生相手に、意見をきちんと受け止め、進行する素晴らしい教授陣・・・。常に新しいことの発見で刺激を受けました。
また、グループワークもありますが、多様なバックグラウンドの学生が同じチームになり、発表に向けて一つのモノを形にしていくプロセスでは、改めて自分の性質、役目を認識出来る機会にも繋がりました。
文系出身かつ社会人経験10年未満の私にとって、技術職の学生が多い理科大MOTに来て、ぐんと視野が広がりました。
当初悩んでいたことは、逆に強みに変わったのです。
人生において、バラエティ富んだ仲間との出逢いは、今後間違いなく強みなっていくでしょう。
そして、今思うこと。
「迷っていたあの時こそがベストタイミング」だったのだ!と言うことです。
個人的に後悔は一ミリもないです。(もちろん、課題をこなすのは大変ですが・・・)
来年度からはグラデュエーションペーパーに取り組みます。
研究を通じて色々な経験をし、卒業まで更に成長したいと思います。
(製造業、30歳代)

これから開催する講座・イベント

PAGE TOP