2019年9月14日(土)の「修了生向け 知の定期健康診断」の講演Aの要旨が決定!!

専門職大学院『知の定期健康診断』のお知らせ

経営学研究科技術経営専攻主任 若林秀樹
東京理科大学専門職大学院は、学生の修了後の「知」の発展や新たな「知」の学習の機会として、昨年度から引き続いて「知の定期健康診断」を開催します。
最先端のビジネスの「知」の講義を受講できる方は、東京理科大学専門職大学院の修了生(総合科学技術経営研究科&イノベーション研究科、技術経営専攻&知財戦略専攻)です。
講演Aの要旨が決まりましたのでご案内します。修了生の皆様は振るって御参加下さい。
時間帯
P51教室
P52教室
13時10分~
14時10分
講演A
「あって無いもの、無くてあるもの-易経からAIまで-」
宮永博史教授
■講演要旨
講演タイトルの「あってないもの、なくてあるもの」とは、彫刻家である平櫛田中が、弟子に遺した言葉です。実に味わい深く、「あっても見えないもの」を観る眼力を備えることこそ、経営の根幹であり、新規事業を成功させる秘訣かもしれません。
手を変え品を変え、現れては消える概念も、新しいようにみえて、実は歴史のなかですでに存在していた概念の再定義です。歴史に学び、新しい技術を知り、経営に生かしていくことが技術経営の目指すべきところと思います。
本講演では、兆しをつかむことを説く易経から、人に見えないところを観るAIまで、「あってないもの、なくてあるもの」を観るということはどういうことか、考えてみたいと思います。
「ビジネス交渉入門 ワークショップ」
荻野誠教授
■ 講演要旨
「Win-Win交渉」という言葉はよく耳にしますが、どうしたらWin-Winな交渉ができるのでしょうか。
本ワークショップでは、「留保価格」「BATNA」「ZOPA」といった交渉の基本概念を簡単に説明した上で、参加者にビジネス交渉の入門的なケース教材を使った模擬交渉を実際に行っていただきます。
Win-Winな交渉はどうしたら実現できるか、模擬交渉の体験を通じて学んでいただくことを目指したワークショップです。

 

これから開催する講座・イベント

PAGE TOP