東京理科大学ビジネススクールで
グローバル時代に
日本企業の経営に必要な能力を

学校法人東京理科大学 理事長 本山 和夫

学校法人東京理科大学 理事長
本山 和夫

1972年東京理科大学理工学部経営工学科卒業、アサヒビール株式会社入社。物流システム本部長、統合品質本部長、IT戦略・環境社会貢献担当、 戦略企画本部長などの要職を歴任し、2006年取締役、2007年常務取締役、2009年専務取締役、2010年代表取締役副社長。2011年にアサヒグループホールディングス株式会社代表取締役副社長。2013年アサヒ飲料株式会社代表取締役社長に就任。2015年3月アサヒ飲料株式会社代表取締役社長を退任し、同年9月に学校法人東京理科大学理事長に就任、現在に至る。2011年から一般社団法人東京経営者協会副会長、2015年から一般社団法人アドバンスト・ビジネス創造協会会長、2016年から日本私立大学協会理事なども務める。

世界経済が不透明な時代に入るなかで、かつて世界の産業をリードしていた日本の企業経営が色あせつつあるように思えます。そんな状況の中で、連続的なイノベーションと、そこから新しいビジネスや産業を生み出すことは、日本企業にとっても、日増しにその重要性が強調されています。そのためには、企業をリードする経営者にとって、新しい技術を活用し、金融や財務を駆使し、マーケティングでリードする、そんな経営の能力が問われているのだと思います。

東京理科大の社会人大学院は、2004年から技術と経営の橋渡しができるリーダーシップ人材を技術経営(MOT – Management of Technology)の旗のもとに育成してきました。卒業生からは技術を活用できる経営者、リーダーとして活躍されている方もいらっしゃいます。前述の時代感は、それら技術と経営の橋渡しだけではなく、経営の視点で、技術と、金融や財務と、マーケティングまで理解して、経営の舵取りをする必要性、そういった人材を輩出するニーズが高まっていると考えています。

こういった背景の下で本学の社会人大学院を「東京理科大ビジネススクール」として、本年度4月から進化させて再スタートしました。理科大が持つ経営学研究科の下に、技術経営専攻(新MOT)として位置づけ、最新の経営と市場の知識と知恵を持つ実務家を教授陣に迎えました。グローバルに活躍し、イノベーションのやり方を経験し、起業や新規事業のノウハウを持った人材を採用することで、既存の経営学の専門家、さらには他の理学、工学の研究者とのシナジーで、日本企業に求められている、これからの企業経営者を育成していきます。理系でもない文系でもない、しかし技術や、金融や財務、そしてマーケティングまで経営者として理解する、これからの日本企業に必要な経営者人材だと考えます。

このためにMITスローンから、日本の産業への理解も深く、ビジネス戦略や情報産業の研究などでも著名なクスマノ教授を、特任副学長でお招きして、カリキュラムのデザインを監修いただきました。そこには、最新のビジネスを知る実務家を教授陣として招くだけでなく、授業の中で、新しいビジネスや起業を成し遂げている経営者を頻繁にお招きして、議論を通して学ぶプログラムも組み込みました。今まで通り多様な産業のリーダー人材が学ぶ神楽坂の「場」を活用して、次世代の日本の経営者の育成に励んでいきたいと思います。

建学の理念の延長線上で、
進化し続ける
東京理科大学ビジネススクール

東京理科大学 学長 松本 洋一郎

東京理科大学 学長
松本 洋一郎

1972年、東京大学工学部機械工学科卒業。1977年、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、工学博士。1977年、東京大学工学部講師。助教授、教授を経て、2009年、東京大学 理事・副学長。2015年、理化学研究所理事、国立がん研究センター 理事(非常勤)を経て2018年、東京理科大学第10代学長に就任。
その他、日本機械学会会長(第88期)、日本学術会議会員・第三部機械工学委員会委員長(第23期)、米国機械学会フェロー(終身会員)を務める。
主な受賞歴は、APACM Award for Computational Mechanics(2010年)、ASME Ted Belytschko Applied Mechanics Award(2010年)、 東京都功労者表彰(技術振興功労)(2015年)など。

東京理科大学は、1881年「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」との建学の理念のもとに、当時唯一の大学(東京大学)の物理学科を卒業したばかりの青年理学士ら21人によって東京物理学講習所として創立され、2年後には東京物理学校と改称、そして1949年の学制改革により東京理科大学となり、2021年に140周年を前に、今日では7学部31学科を基盤とする理工系総合大学に発展してきました。

さらに人間性との調和ならびに社会の諸問題を視野に捉えた科学・技術の発展、それらを梃子にした産業の発展こそ、建学の精神の今日的意義であると認識しています。科学・技術から人類や社会、そして産業の発展につなげるためには、科学技術の知識を習得した人材だけでなく、経営の観点に立って課題解決を提供できる人材を育成することが必須であり、理論と実践を融合させた従来にはない新しいタイプの教育が不可欠です。

これらの認識の下で、本学は「技術経営」を担う専門職大学院を、2004年度に開設し、多数の技術経営人材を世に輩出してきました。さらに2018年度から、今までの専門職大学院の技術経営専攻を、経営学を研究している経営学研究科に組み入れ、教育課程にグローバルのMBAなどの考え方を取り入れ、幅広い実務家を教授陣として多数迎えました。これにより急激に変わる産業と学問との結びつきを高めていくことが一層可能になると考えています。

一方、我が国では、グローバル化の進行により産業競争力の低下と空洞化、雇用創出の停滞、少子高齢化など多くの課題が近年、山積しています。これらの課題を克服するためには、新しい技術とともにイノベーションによって高い生産性や新しい製品・サービス 、そして国際競争力を持つ新しい産業を育成し、経済活力を回復することが急務となってきました。こういった市場の変化に対応すべく、今までの技術経営の専門職大学院を進化させ、「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」という思想をより深めるための触媒となる人材の育成と場を、今まで以上に強化してまいります。

進化した専門職大学院、東京理科大学ビジネススクールは、東京の中心に位置する神楽坂で、今まで以上にリーダー格の社会人が集い、切磋琢磨し、イノベーションを産業界に起こす触媒の人材を育てていけると考えています。本学の今後の展開にご期待ください。

PAGE TOP