真剣勝負の議論によって、“自分の軸”が形成されていく

内田絵理子さん

内田 絵理子 さん 2018年4月入学

食品メーカー勤務/経営企画部 事業開発グループ マネジャー

研究開発を、どう社会に活かすか

研究開発業務に従事する中で、新しい事業に繋がる研究開発を戦略的にどのように行っていけばよいのかということに興味を持つようになりました。ちょうど事業開発を担う部署に異動となったことから、新たな学びの必要性も感じ、イノベーションとマネジメントを追究する場として理科大MOTを選びました。印象的な授業は「実践リーダーシップセミナー」。企業の経営層が講演をなさった後、その内容をもとに、学生同士で議論を行います。先生方もグループに加わり、専門的な切り口から解説を加えてくれますが、そこで得られる気づきは、学生だけではたどり着けない貴重なものでした。

多様性にもまれ、自身と向き合う

理科大MOTは、何かを得ようと積極的な人にとっては、期待以上のものが得られる場だと思います。先生方や学友と議論をする場では、常に「自分はどう思うか」「どうしたいか」「それはなぜか」という問いを突きつけられます。その問いと向き合い、煮詰めた上で意見を交わすことに意義があると思います。あの先生なら、この問題をどう捉えるか。学友ならどうか。そのように多彩な切り口を考えられるようになったことは、大きな収穫です。同時に、皆の異なる考え方にもまれたからこそ、徐々に“自分の軸”を確立していくことができ、意思と責任の伴う発言ができるようになったと実感しています。

注)
・ここで紹介している在学生の声は、本専攻が発行しているMOT Business Magazineの過去の記事より転載したものである。
・所属企業、肩書き等は在学当時のものである。