梅田幸子さん

梅田 幸子 さん 2019年4月入学

田辺三菱製薬株式会社/創薬企画部創薬アライアンスグループ 主査

画期的な製品を作るには技術の目利きと、継続的な投資の両方が必要。ところが、研究者と経営者の思考・言語には隔たりがあり、技術の事業化を妨げています。両者の間を繋ぎ、埋もれつつある技術を製品化に生かして、患者さんの健康に貢献したいという使命感から、理科大MOTを志望しました。ここでは知識だけでなく、「起業家とは/リーダーとは」を考える場を与えてくれます。以前は他人事と捉えていた社会の課題を自分事と考え、例え嫌われても、組織に対し意見する意識が芽生えました。また、その意見に厚みや具体性を持たせるだけの多面的な知識やケースを学ぶことができます。

注)
・ここで紹介している在学生の声は、本専攻が発行しているMOT Business Magazineの過去の記事より転載したものである。
・所属企業、肩書き等は在学当時のものである。