東京理科大学大学院 経営学研究科/イノベーション研究科 東京理科大学大学院 経営学研究科/イノベーション研究科

東京理科大学 経営学研究科/イノベーション研究科 > 教員一覧

教員一覧

専任教員

淺見 節子 教授(あさみ せつこ)

担当授業科目
特許制度の基礎(MOT専攻科目)、ASEAN知財実務(MIP専攻科目)、化学特許特論(MIP専攻科目)、化学特許特論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、産業財産権条約概論(MIP専攻科目)、産業財産権条約概論(MIP専攻科目)、特・実特論(MIP専攻科目)

履歴・経歴
東京大学理学部化学科卒業、東京大学大学院理学系研究科化学専門課程修士課程修了後、昭和57年に特許庁に入庁し、電気材料、電池、金属、医薬、有機材料、無機材料などさまざまな分野の審査・審判に携わる。財団法人知的財産研究所研究部長、一橋大学国際企業戦略研究科助教授を経て、特許庁にて審査基準室長、医療上席審査長、特許審査第三部首席審査長、平成23年〜24年特許審査第三部長。平成25年4月より現職。弁理士。現在、産業構造審議会・知的財産分科会・特許制度小委員会委員、審査基準専門ワーキンググループ委員、日本知財学会理事などを務める。海外を含めた特許制度や特許政策、医療・バイオ関係の特許に関する論文多数。


 

荒木 勉 教授(あらき つとむ)

担当授業科目
イノベーションプロセス論(MOT専攻科目)、イノベーションプロセス論(MOT専攻科目)、生産技術マネジメント(MOT専攻科目)、生産技術マネジメント(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、ビジネス・モデル研究(INS専攻科目)

履歴・経歴
早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。同大学大学院博士後期課程修了。都立商科短期大学助教授、上智大学経済学部教授、1994〜96年ミュンヘン大学客員教授を経て2017年より現職。著書に『日本型SCMのベストプラクティス』、『需要予測』、『経営科学』など。生産・物流の自動化をテーマとした調査研究を続け、特に90年代からはSCM、90年代後半からはRFID活用について活動している。国内や欧米、アジアの約千件の工場や物流センター視察の経験を紹介する講義、講演を実施している。


 

荻野 誠 教授(おぎの まこと)

担当授業科目
ビジネスで成功するための戦略(MOT専攻科目)、知財訴訟と紛争処理実務(MIP専攻科目)、知財訴訟と紛争処理実務(MIP専攻科目)、知財契約実務(MIP専攻科目)、知財契約実務(MIP専攻科目)、国際取引法(MIP専攻科目)、国際取引法(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)

履歴・経歴
早稲田大学政治経済学部政治学科及び東京都立大学法学部法律学科卒業。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了(企業法学専攻)。オックスフォード大学セント・ピータース校にて同大知的財産研究所初代所長Peter Hayward氏に師事。ハーバード・ビジネススクール Program for Global Leadership 修了。(株)日立製作所にて約30年にわたり、海外企業との技術提携、特許ライセンス、特許侵害訴訟の和解交渉等の業務ならびに知的財産戦略の立案、グループ会社の再編等の業務に従事。平成22年(株)日立国際電気 知的財産権本部本部長。平成24年4月より本学イノベーション研究科教授。平成30年2月日本ライセンス協会会長に就任予定。


 

生越 由美 教授(おごせ ゆみ)

担当授業科目
知的財産マネジメント(MOT専攻科目)、伝統技術考(MOT専攻科目)、知財制度概論(MIP専攻科目)、知財制度概論(MIP専攻科目)、地域起こし知財戦略(MIP専攻科目)、地域起こし知財戦略(MIP専攻科目)、機械特許特論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、特・実概論(MIP専攻科目)

履歴・経歴
大学4年で国家公務員上級甲種に合格し、1982年に東京理科大学薬学部卒業後、経済産業省特許庁入庁。2003年政策研究大学院大学助教授を経て、2005年東京理科大学専門職大学院教授(現職)。2006〜2013年放送大学教授(兼任)。伝統&先端技術、農業&医療分野の知財戦略を研究。公職歴は知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会委員など。著書は『社会と知的財産』(共著/財団法人放送大学教育振興会)や『DVD-ROMで学ぶ「知的財産」入門』(PHP出版)など多数。2006年度東京財団研究助成対象、2008年(財)機械産業記念事業財団第1回知的財産学術奨励賞(日本知財学会特別賞)受賞。


 

橘川 武郎 教授(きっかわ たけお)

担当授業科目
イノベーションの歴史(MOT専攻科目)、イノベーションの歴史(MOT専攻科目)、起業家論(MOT専攻科目)、起業家論(MOT専攻科目)、エネルギー産業論(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、イノベーション・プロセス研究(INS専攻科目)、演習3−B(INS専攻科目)、演習3−A(INS専攻科目)、演習2−B(INS専攻科目)、演習2−A(INS専攻科目)、演習1−B(INS専攻科目)、演習1−A(INS専攻科目)

履歴・経歴
東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。経済学博士。青山学院大学経営学部助教授、東京大学社会科学研究所教授、一橋大学大学院商学研究科教授を経て、平成27年より東京理科大学大学院イノベーション研究科教授(現職)。東京大学・一橋大学名誉教授。専門は日本経営史、エネルギー産業論。著書に、『日本電力業発展のダイナミズム』(名古屋大学出版会)、『松永安左エ門』(ミネルヴァ書房)、『出光佐三』(ミネルヴァ書房)、『電力改革』(講談社)、『日本のエネルギー問題』(NTT出版)など。総合資源エネルギー調査会委員などをつとめる。


 

坂本 正典 教授(さかもと まさのり)

担当授業科目
プロジェクトマネジメント(MOT専攻科目)、プロジェクトマネジメント(MOT専攻科目)、科学と技術(MOT専攻科目)、科学と技術(MOT専攻科目)、技術戦略(MOT専攻科目)、技術戦略(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、技術戦略研究(INS専攻科目)

履歴・経歴
昭和49年東京大学大学院物理工学科卒業、昭和54年同博士課程修了、工学博士。同年東芝入社。総合研究所主任研究員、ディスプレイデバイス技術研究所及び液晶開発センター開発部長、米国MIT客員研究員(物理)、日本液晶学会理事、東京大学工学部非常勤講師等を歴任。平成14年Covion GmbH入社、有機EL材料Business Manager。平成16年より現職。著書に『液晶便覧』(共著、丸善)、『Alignment Technologies and Applications of Liquid Crystal Devices』(共著、Taylor & Francis)、他。日本MOT学会理事。


 

佐々木 圭吾 教授(ささき けいご)

担当授業科目
開発組織マネジメント(MOT専攻科目)、開発組織マネジメント(MOT専攻科目)、経営組織(MOT専攻科目)、経営組織(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、フィールド論理研究(INS専攻科目)、演習3−B(INS専攻科目)、演習3−A(INS専攻科目)、演習2−B(INS専攻科目)、演習2−A(INS専攻科目)、演習1−B(INS専攻科目)、演習1−A(INS専攻科目)、演習3(INS専攻科目)

履歴・経歴
昭和61年九州大学経済学部経済工学科卒業、松下電器産業株式会社入社。平成4年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。平成8年同大学院同研究科博士課程単位取得満期退学、横浜市立大学商学部経営学科専任講師。平成9年同大学助教授。平成18年に、本学MOT専攻に助教授として就任、平成24年より現職。著書に『経営理念とイノベーション』、『みんなの経営学』など。


 

鈴木 公明 教授(すずき きみあき)

担当授業科目
デザイン戦略(MOT専攻科目)、ビジネス・デザイン戦略(MIP専攻科目)、ビジネス・デザイン戦略(MIP専攻科目)、意匠特論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、不正競争防止法概論(MIP専攻科目)、不正競争防止法概論(MIP専攻科目)、意匠法概論(MIP専攻科目)、ブランド戦略(MIP専攻科目)

履歴・経歴
平成2年東京大学卒業。キヤノン(株)知的財産法務本部を経て特許庁に入庁し、法律改正、特許・意匠審査等業務を歴任。平成17年より東京理科大学専門職大学院、現在に至る。東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員。日本知財学会事務局長。東和なぎさ知的財産研究所所長。弁理士。著書に『Patent Valuation Model: Concepts and Methods of PatVMTM』(共著/Chuokeizaisha.Inc)、『イノベーションを実現するデザイン戦略の教科書 』(秀和システム)、『知的財産のデューデリジェンス』(共著/秀和システム)、『IT知財と法務』(共著/日刊工業新聞)、『知的財産の価値評価』(IMS出版)など。


 

関 孝則 教授(せき たかのり)

担当授業科目
ソフトウェア技術マネジメント(MOT専攻科目)、ソフトウェア技術マネジメント(MOT専攻科目)、サービスイノベーション(MOT専攻科目)、サービスイノベーション(MOT専攻科目)、技術・市場ダイナミクス(MOT専攻科目)、技術・市場ダイナミクス(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)

履歴・経歴
昭和60年長岡技術科学大学大学院工学研究科修士課程電子機器工学専攻修了、日本アイ・ビー・エム入社。知的財産評価、大型計算機開発、新規技術コンサルティング、新規事業開発担当などを経て、平成13年に技術理事に就任。平成12年米国IBM、技術ストラテジー部門勤務。平成22年セールスフォース・ドットコム、常務執行役員、先進技術ソリューション本部長などを務める。この間、電気通信大学、長岡技術科学大学の非常勤講師、産業技術総合研究所幹事のグリッド協議会副会長、ものこと双発学会理事など就任。平成29年より現職。著書に「REXX自由自在」(サイエンス社)や、ブログで「SE関のノーツ/ドミノ徒然草」(IBM developerWorks)、「クラウド的な世界へ」(IT Media、オルタナティブブログ)など多数。


 

高橋 克徳 教授(たかはし かつのり)

担当授業科目
マネジメント古典リーディング(MOT専攻科目) リーダーシップ(MOT専攻科目)、リーダーシップ(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)

履歴・経歴
平成3年一橋大学商学部卒業、同年野村総合研究所入社。この間、平成8年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、平成13年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。同年、ワトソンワイアット(現タワーズワトソン)に転職。平成19年、組織変革コンサルティング企業、ジェイフィールの設立に参画。平成22年より同社代表取締役。感情や関係性が人や組織に与える影響を研究し、組織変革、人材マネジメント、人材育成を専門とする。主な著書に、『不機嫌な職場』(共著、講談社)、『職場は感情で変わる』(講談社)、『潰れない生き方』(ベスト新書)、『人が「つながる」マネジメント』(中経出版)、『ワクワクする職場をつくる。』(実業之日本社)など。


 

徳重 桃子 教授(とくしげ ももこ)

担当授業科目
マネジメント古典リーディング(MOT専攻科目)、マーケティング(MOT専攻科目)、マーケティング(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)

履歴・経歴
上智大学文学部哲学科卒業。コンサルティング会社勤務を経て、平成8年SRI インターナショナル入社。平成14年より、ストラテジック・ビジネス・インサイツ(旧SRIコンサルティング・ビジネス・インテリジェンス)のディレクターとなる。平成16年助教授として就任し、平成18年より現職。商品開発、ブランド力診断、アイディエーションワークショップなど、マーケティング戦略・事業開発のプロジェクトおよびJapan-VALSをリード・運営。食品、家電、通信機器、医薬品、車、住宅等の分野でのプロジェクト経験が豊富。


 

西村 雅子 教授(にしむら まさこ)

担当授業科目
商標特論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、商標法概論(MIP専攻科目)

履歴・経歴
津田塾大学国際関係学科卒業、同大学院国際関係学研究科修士課程修了(国際学修士)、東京都立大学法学部法律学科卒業、一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了(修士(経営法))。大手特許事務所商標意匠部勤務中、平成4年弁理士登録(平成18年特定侵害訴訟代理業務付記)。平成12年〜16年日本弁理士会中央知的財産研究所(不正競争部会)研究員。平成16〜17年弁理士試験委員(意匠)、平成25〜26年弁理士試験委員(商標)。平成18年度日本弁理士会不正競争防止法委員会委員長。平成19年5月西村&宮永商標特許事務所設立。平成19年〜24年東京理科大学大学院MIP教授、平成28年再任。現在、文化ファッション大学院非常勤講師、日本商標協会理事、AIPPI編集委員、特許業務法人大島・西村・宮永商標特許事務所パートナー。


 

平塚 三好 教授(ひらつか みつよし)

担当授業科目
ビジネスモデルのためのグローバルIPシステム(MOT専攻科目)、先端技術入門(MIP専攻科目)、米国知財法概論(MIP専攻科目)、米国知財法概論(MIP専攻科目)、米国特許出願実務(MIP専攻科目)、電気特許特論(MIP専攻科目)、電気特許特論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、知的財産戦略研究(INS専攻科目)、演習1−B(INS専攻科目)、演習1−A(INS専攻科目)

履歴・経歴
博士(工学・課程)。東京理科大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了。米国フランクリン・ピアース・ロー・センター(現:Franklin Pierce IP Center at The University of New Hampshire School of Law)知的財産修士(U.S. MIP)課程修了。人工知能の研究及び企業向けにシステムを開発し、現在も人工知能の研究に従事。企業、特許事務所、米国法律事務所(知財はじめ経営サポート経験を重ねる)、及び東京理科大学知的財産本部知財マネージャーを経て現職。
【著書】『最新ICT知財戦略の基本がよーくわかる本』(共著/秀和システム)、論文に『人工知能に係る発明の主体と特許法による保護に関する試論』(共著/電気学会C部門誌)、『情報通信・エレクトロニクス産業の発展を阻害するパテントトロールへの対応策』(日本経営工学会論文誌)などがある。
【所属学会】・日本知的資産経営学会 理事、日本経営工学会、人工知能学会、情報処理学会、電気学会 情報処理技術委員会1号委員、日本知財学会
【経産省・委員等】
・第四次産業革命を視野に入れた知財システムの在り方に関する検討会・座長代理
・第四次産業革命に向けた競争政策の在り方に関する研究会・委員


 

宮武 久佳 教授(みやたけ ひさよし)

担当授業科目
エンタメ・ビジネス戦略(MIP専攻科目)、著作権法特論(MIP専攻科目)、著作権法特論(MIP専攻科目)、コンテンツ・メディア論(MIP専攻科目)、知財プロジェクト研究(MIP専攻科目)、著作権法概論(MIP専攻科目)、著作権法概論(MIP専攻科目)

履歴・経歴
日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。元横浜国立大学教授。元共同通信社(記者・デスク)。米ハーバード大学 ニーマンフェロー(Nieman Fellow。全額給費客員ジャーナリスト)、2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会チーフプレスオフィサーなどを歴任。国際基督教大学大学院(比較文化研究科)修士課程、一橋大学大学院(国際企業戦略研究科・知財戦略講座)修士課程を修了。著書に『知的財産と創造性』(みすず書房)、『メディア用語基本辞典』(世界思想社、分担執筆)など。『IPマネジメントレビュー』(知的財産教育協会)でエッセイを連載中。社団法人日本記者クラブ会員。非常勤講師:法政大学、東北学院大学、京都嵯峨芸術大学。


 

宮永 博史 教授(みやなが ひろし)

担当授業科目
開発・プロトタイプ論(MOT専攻科目)、開発・プロトタイプ論(MOT専攻科目)、コンセプト創造論(MOT専攻科目)、コンセプト創造論(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、コンセプト創造研究(INS専攻科目)、演習1−B(INS専攻科目)、演習1−A(INS専攻科目)

履歴・経歴
東京大学工学部/MIT大学院修了。NTT電気通信研究所、AT&T・Bell研究所、Lucent Technologiesマーケティング・ディレクターを経て、コンサルティング業界に転じる。SRIを経て、平成12年デロイト・トーマツ・コンサルティング(現アビームコンサルティング)統括パートナーに就任。平成14年同社取締役。平成16年より現職。主な著書に「顧客創造実践講座」「成功者の絶対法則 セレンディピティ」「世界一わかりやすいマーケティングの教科書」「理系の企画力」「技術を武器にする経営」(共著)「全員が一流をめざす経営」(共著)「幸運と不運には法則がある」など。


 

宮永 雅好 教授(みやなが まさよし)

担当授業科目
ベンチャーマネジメント(MOT専攻科目)、ベンチャーマネジメント(MOT専攻科目)、コーポレートファイナンス(MOT専攻科目)、コーポレートファイナンス(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)、イノベーション・プロセス研究(INS専攻科目)

履歴・経歴
昭和56年早稲田大学法学部卒業。昭和56年日本債券信用銀行(現 あおぞら銀行)入社。平成7年シュローダー・インベストメント・ジャパン。平成13年プルーデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン。平成15年(株)ファルコン・コンサルティング。平成19年東京大学大学院法学政治学研究科修了。平成24年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程後期終了。平成29年より現職。著書に『近未来の企業経営の諸相-2025年-』(共著・中央経済社)、『チャレンジする東大法科大学院生』(共著・商事法務)。


 

若林 秀樹 教授(わかばやし ひでき)

担当授業科目
新事業開発論(MOT専攻科目)、新事業開発論(MOT専攻科目)、技術系経営者論(MOT専攻科目)、技術系経営者論(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)

履歴・経歴
昭和59年東京大学工学部精密機械工学科卒業。昭和61年東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻修了。同年(株)野村総合研究所入社、主任研究員。欧州系証券会社シニアアナリスト、(株)JPモルガン証券で日本株部門を立上げ、マネージングディレクター株式調査部長、(株)みずほ証券でもヘッドオブリサーチ・チーフアナリストを歴任。日経新聞等の人気アナリストランキングで電機部門1位5回など。平成17年に、日本株投資運用会社のヘッジファンドを共同設立、最高運用責任者、代表取締役、10年の運用者としての実績は年率9.4%、シャープレシオ0.9、ソルチノレシオ2.1。この間、東京理科大学大学院非常勤講師(平成19〜21年)、一般社団法人旧半導体産業研究所諮問委員など。平成26年(株)サークルクロスコーポレーション設立、代表取締役。平成29年より現職。著書に『経営重心』(単著・幻冬舎)、『日本の電機産業はこうやって甦る』(単著・洋泉社)、『日本の電機産業に未来はあるのか』(単著・洋泉社)、『ヘッジファンドの真実』(単著・洋泉社)、など。


 

岸本 太一 講師(きしもと たいち)

担当授業科目
グローバル技術経営論(MOT専攻科目)、グローバル技術経営論(MOT専攻科目)、ビジネスエコノミクス(MOT専攻科目)、ビジネスエコノミクス(MOT専攻科目)、マネジメント基礎(MOT専攻科目)、マネジメント基礎(MOT専攻科目)、ゼミナール1(MOT専攻科目)、ゼミナール2(MOT専攻科目)、テーマプロジェクト(MOT専攻科目)

履歴・経歴
平成14年一橋大学商学部卒業。平成17年一橋大学大学院商学研究科修士課程研究者養成コース修了。平成20年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。同年一橋大学大学院商学研究科特任講師。平成21年東京大学ものづくり経営研究センター特任助教。平成23年より敬愛大学経済学部准教授、東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員。平成26年より現職。著書に『中小企業の空洞化適応』(共編著、同友館。平成26年度〈第39回〉商工総合研究所 中小企業研究奨励賞〈経営部門〉を受賞)、『サービスイノベーションの海外展開』(共著、東洋経済新報社)、『日本型ビジネスモデルの中国展開』(複数章執筆担当、有斐閣)など。


 

本学の他学科・他専攻などの専任教員

江角 浩安 教授(えすみ ひろやす)
生命医科学研究所

担当授業科目
医薬産業論(MOT専攻科目)

履歴・経歴
昭和47年名古屋大学 医学部 卒業。東京大学で医学博士を取得。国立がんセンター研究所ウイルス部室長、埼玉医科大学皮膚科医、国立がんセンター生化学部長、同副所長、国立がんセンター東病院院長を経て、平成25年度から東京理科大学生命医科学研究所教授。東京大学新領域創成科学研究科先端生命科学専攻教授等を歴任。


 

大沼 宏 准教授(おおぬま ひろし)
経営学部 経営学科

担当授業科目
財務会計(MOT専攻科目)

履歴・経歴
平成4年東京都立大学経済学部 卒業。平成6年小樽商科大学大学院商学研究科修士課程修了。平成9年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。一橋大学で博士(商学)を取得。平成9年小樽商科大学商学部専任講師、平成10年同大学助教授を経て、平成18年から東京理科大学経営学部准教授。著書に「租税負担削減行動の経済的要因」など。


 

柏 敏義 教授(かしわざき としよし)

担当授業科目
知的財産と法制度(MIP専攻科目)

履歴・経歴
2016年4月から現職。2012年4月〜2016年3月東京理科大学理工学部教養、2004年4月〜2012年3月関東学院大学法科大学院。日本財政法学会理事(2000年〜現在)、全国憲法研究会『憲法問題』編集委員長(2009年〜2011年)。 著書に『憲法・法学講義』(敬文堂)、「会計年度と財政立憲主義の可能性―松方正義の決断―」法律論叢83巻2・3号など。


 

非常勤教員

草間 文彦 草間 文彦 客員教授(くさま ふみひこ)

担当授業科目
商品化ライセンス実務(MIP専攻科目)

履歴・経歴
立教大学経済学部卒。米国NPO法人LIMA(国際ライセンシング産業マーチャダイザーズ協会)日本代表を2002年より2011年まで、また一般社団法人日本ライセンシング・ビジネス協会代表理事を2011年より2012年まで務め、現在同会員。コンサルティングファーム、ブランドッグ代表取締役。米国ハインツ社商標マスターライセンシー、BSA Legal(英)、IBML(英)などの日本でのライセンス代理人、国内外の企業、NPO、自治体などの知財権コンサルタントを務める。日本文藝家協会、日本ヴェルディ協会、日本ワーグナー協会会員。著書に「実践ライセンスビジネス・マネジメント」(2009日本経済新聞出版社刊)、「ライセンスビジネスの戦略と実務」(2014 白桃書房)など。


 

黒瀬 雅志 黒瀬 雅志 客員教授(くろせ まさし)

担当授業科目
BRICS知財実務(MIP専攻科目)

履歴・経歴
京都工芸繊維大学卒業(生産機械工学)。一橋大学・大学院国際企業戦略研究科 博士課程中退。弁理士登録(1977年)。ミュンヘンで欧州特許制度研修。黒瀬IPマネジメント代表、アジア弁理士協会国際理事、模倣品対策委員会委員、日本ライセンス協会監事。著書に「アジア知的財産戦略」(ダイヤモンド社)、「中国知的財産権判例評釈」(共著、日本機械輸出組合)、「アジア諸国の知的財産制度」(共著、青林書院)、「ロシア知的財産制度と実務」(編著、経済産業調査会)などがある。黄綬褒章受章(2006年)、日本知財学会特別賞受賞(2009年)。


 

島田 直樹  客員教授(しまだ なおき)

担当授業科目
経営戦略(MOT専攻科目)

履歴・経歴
平成5年一橋大学商学部商学科卒業。平成10年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学大学院修了。 アップルコンピュータ(株)、(株)ボストンコンサルティンググループなどを経て、平成13年(株)ピー・アンド・イー・ディ レクションズを起業・代表取締役。上場企業の社外取締役、顧問、事業支援を数多く歴任。平成29年より現職。 著書に『イノベーション・ダイナミクス』(共訳・有斐閣)、「医療サービスの多様化と実践〜患者は何を求めているの か」(日本医療企画出版)がある。


 

宗定 勇 宗定 勇 客員教授(そうじょう いさむ)

担当授業科目
知財経営と技術(MIP専攻科目)

履歴・経歴
昭和41年京都大学法学部卒業。同年三菱化成工業(株)(現三菱化学(株))入社、特許部配属。平成8年同社知的財産部長、平成14年同社執行役員に就任。平成15年同社退職。平成15年日本知的財産協会専務理事に就任。平成21年度より京都大学産官学連携本部特任教授に就任。著書・論文に『21世紀の日本のビジョンと戦略』(化学と工業誌/平成13年)、『人類の知的財産としての情報マネジメント』(情報管理誌/平成19年)などがある。


 

Robert Alan Feldman 客員教授(ロバート フエルドマン)

担当授業科目
世界の中の日本とアジア(MOT専攻科目)、 意思決定の経済分析(MOT専攻科目)、 アドバンスド経済分析(MOT専攻科目)

履歴・経歴
1971-1976 Yale Universty New Haven,CT,USA / 1978-1984 Massachusetts Institute of Technology Cambridge,MA,USA / 1976-1977 Federal Reserve Bank / 1977-1978 Chase Manhattan Bank / 1981-1982 Bank of Japan / 1983-1989 international Monetary Fund / 1989-1997 Salomon Brothers Asia Securities / 1998- Morgan Stanley MUFG Securities〈著書〉『 フェルドマン博士の日本経済最新講義』(文芸春秋社)、『フェルドマン式知的生産術』(プレジデント社)、『一流アナリストの「7つ道具」』(プレジデント社)


 

平山 賢太郎 平山 賢太郎 客員准教授(ひらやま けんたろう)

担当授業科目
独占禁止法(MIP専攻科目)

履歴・経歴
2001年3月東京大学法学部卒業、2002年10月弁護士登録。2007年7月〜2010年6月公正取引委員会勤務(任期付採用公務員)。2010年7月〜12月Slaughter and May 法律事務所(ロンドン)競争法グループへの出向勤務を経て2011年1月弁護士業務に復帰。2004年4月〜2005年5月東京大学法科大学院専任講師、2012年4月〜2013年3月立教大学法務研究科兼任講師を務める。公取委にて国際カルテル事件、知的財産権濫用事件等を担当し、審査手続や海外競争当局との情報交換実務に関して豊富な経験を有する。「標準規格策定と知的財産権行使に関する欧州委員会の新ルール」、「判例 米国・EU競争法」(共著)、「PLC Competition and Cartel Leniencyguide 2012: Japan Q&A」など論稿多数。


 

石井 康之 石井 康之 嘱託教授(非常勤)(いしい やすゆき)

担当授業科目
知財経済論(MIP専攻科目)、知財評価・会計(MIP専攻科目)

履歴・経歴
昭和49年一橋大学経済学部卒業。平成17年専修大学経済学研究科(計量経済修士)修了。平成24年東北大学工学研究科博士後期課程修了(工学博士)。昭和49年東京海上火災保険株式会社入社、営業企画等の業務を担当の後、財団法人知的財産研究所、(株)東京海上研究所に出向し主席研究員などを歴任。平成14年株式会社ミレアホールディングス・マネージャーとして、東京海上他グループ各社の知的財産管理を統括。平成17年東京理科大学大学院MIP教授、現在に至る。著書に『アーリーステージ知財の価値評価と価格設定』(監訳、中央経済社)、『知的財産の経済・経営分析入門』(白桃書房)など。


 

澤井 敬史 澤井 敬史 嘱託教授(非常勤)(さわい たかし)

担当授業科目
戦略的特許明細書(MIP専攻科目)

履歴・経歴
北海道大学大学院修了。昭和51年日本電信電話公社(現NTT)入社、昭和54年弁理士試験合格、NTT知的財産センタ所長、NTT-AT取締役を歴任。平成17年東京理科大学大学院MIP教授、平成23年知的財産戦略研究所理事長、現在に至る。日本知的財産協会理事長、経済産業省産業構造審議会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会専門委員、内閣府総合科学技術会議専門委員、経団連知的財産委員会企画部会部会長代行等を歴任。著書に『知財最前線からのメッセージ』(経済産業調査会)、『職務発明制度のあり方について』(日本知的財産協会)、『経営形態に連動した知的財産管理-持株会社制度下における知的財産管理-』(企業研究会)、『技術標準と特許権の関係について』(AIPPI)等。


 

田中 芳夫  嘱託教授(非常勤)(たなか よしお)

担当授業科目
技術倫理・哲学(MOT専攻科目)

履歴・経歴
昭和48年東京理科大学工学部電気工学科卒業。同年、住友重機械工業(株)にてシステムエンジニアとしてオンラインシステムの開発、機械制御のコンピュータ化を経て、昭和55年日本IBM研究開発部門入社、通信製品・CIM Solution・PC開発・DOS/Vの立ち上げ後、平成10年IBM Corporation研究開発HQ勤務。平成13年日本IBM研究開発部門にて企画・事業推進理事。平成17年マイクロソフト入社CTO・CSO/CPOを経て、平成19年1月、青山学院大学大学院客員ビジネス法務専攻客員教授(現任)、同年7月 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 参与(現任)。平成20年より現職。平成26年ものこと双発学会・協議会創設。平成27年4月東京理科大学 総合研究院 ものこと双発研究部門長(現任)。その間、業界団体、官公庁委員会、OECDなどにて委員として参加および学会理事。日本工学アカデミー会員。


 

青木 康晴  非常勤講師(あおき やすはる)

担当授業科目
管理会計(MOT専攻科目)

履歴・経歴


 

生島 博 生島 博 非常勤講師(いくしま ひろし)

担当授業科目
中小企業の知財戦略(MIP専攻科目)

履歴・経歴
大阪大学工学部卒業。三菱電線工業株式会社入社、知的財産部部長、事業企画部長、理事・情報通信部副本部長(兼)菱星テクノシステム株式会社取締役、技術本部副本部長を歴任後、東京都知的財産総合センター所長を経て、現在、中小企業知的財産戦略研究所所長、東京都立産業技術研究センター知財専門相談役、日本知的財産協会知財講座講師、発明推進協会窓口相談支援グループ業務支援統括。


 

江藤 学江藤 学 非常勤講師(えとう まなぶ)

担当授業科目
標準化と知財戦略(MIP専攻科目)

履歴・経歴
大阪大学基礎工学研究科博士前期課程修了、東北大学工学部博士後期課程修了、博士(工学)。昭和60年経済産業省入省、科学技術庁科学技術政策局、米国ニューメキシコ大学客員研究員、筑波大学社会科学系専任講師、外務省OECD代表部参事官、産業技術総合研究所標準部長、経済産業省産業技術環境局認証課長、一橋大学教授、日本貿易振興機構ジュネーブ事務所長等を経て、一橋大学イノベーション研究センター特任教授。著書に『コンセンサス標準戦略』(共編著)、『標準化ビジネス』(共編著)など。


 

加納 昌彦 加納 昌彦 非常勤講師(かのう まさひこ)

担当授業科目
国際著作権特論(MIP専攻科目)

履歴・経歴
上智大学外国語学部ロシア語学科卒業、1989年日本国際通信株式会社(現ソフトバンクモバイル株式会社)入社。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了、一橋大学大学院国際企業戦略研究科法務・公共政策専攻修了、同博士後期課程在学中(専攻:知的財産法・著作権法)。著作権法学会、日本国際著作権法学会(ALAIJapan)会員。


 

Jacky 柴田 正幸  非常勤講師(じゃっきー しばた まさゆき)

担当授業科目
マーケティング発想力(MOT専攻科目)

履歴・経歴
早稲田大学政治経済学部抹籍。エレクトロニクス分野の取材記者を経て、コンサルテーション会社勤務。コンシューマ・マーケティング部門の責任者を勤めた後、コンサルタントとして独立。現在、マーケティング・コンサルテーションを主業務とするJacky Marketing Office代表。著書に『競争優位のマーケティング』、『プレゼンテーション力を鍛えるトレーニングブック』など。


 

妹尾 大  非常勤講師(せのお だい)

担当授業科目
ナレッジマネジメント(MOT専攻科目)

履歴・経歴
平成5年一橋大学社会学部卒業、平成10年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。同年に赴任した北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助手を経て、平成14年から東京工業大学大学院社会理工学研究科助教授、平成19年から准教授。専門分野は経営組織論、経営戦略論、情報・知識システム。知識創造行動の支援環境(クリエイティブ・オフィス研究)、外部知識の獲得活用方法(オープン・イノベーション研究)、組織間関係の再構築(ビジネス・エコシステム研究)などの研究を進めている。博士(商学)。


 

西 健裕 西 健裕 非常勤講師(にし たけひろ)

担当授業科目
中小企業の知財戦略(MIP専攻科目)

履歴・経歴
中小企業診断士・ニッチ戦略研究所代表。昭和61年京都大学法学部卒業後、株式会社三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。23年の在籍を経て現職。中小企業診断士や弁理士で構成する「知財活用ビジネス研究会」メンバー。銀行時代は中小企業対象の法人融資、審査業務を中心に担当したほか、総合シンクタンク出向時に地域産業集積の実態調査、産業振興ビジョン策定など自治体等が推進する中小企業振興施策に多く関わる。平成23年東京理科大学専門職大学院MIP専攻修了。


 

西野 和美 非常勤講師(にしの かずみ)

担当授業科目
ビジネスモデルイノベーション(MOT専攻科目)

履歴・経歴
一橋大学商学部卒業。富士写真フイルム株式会社勤務を経て、一橋大学大学院商学研究科修士課程に進学。平成13年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(商学)。平成13年一橋大学大学院商学研究科助手。平成14年より東京理科大学経営学部経営学科講師。平成16年より講師として就任、平成18年より現職。著書に『ケースブック 経営戦略の論理』(共編著、日本経済新聞社)など。


 

野崎 篤志 野崎 篤志 非常勤講師(のざき あつし)

担当授業科目
情報収集解析(MIP専攻科目)

履歴・経歴
慶應義塾大学大学院理工学研究科およびK.I.T.虎ノ門大学院ビジネスアーキテクト専攻修了(工学修士・経営情報修士)。日本技術貿易株式会社IP総研コンサルティングソリューショングループのマネージャーを経て、外資系特許調査・分析企業であるランドンIP日本オフィス立ち上げ時に参画し、顧客開拓・マネジメント全般を統括し、日本におけるランドンIPの業績拡大・ブランド構築に大きく貢献。平成29年5月に知財情報コンサルティングサービスを提供する株式会社イーパテントを設立し、代表取締役社長に就任。知財情報のリサーチ・コンサルティングや、経営層から実務者まで幅広い層への知財研修・教育業務に従事する傍ら、ウェブサイトe-Patentやメールマガジンなど複数の情報発信メディアを運営。著書に『特許情報分析とパテントマップ作成入門 改訂版』(発明推進協会)、『特許情報調査と検索テクニック入門』(発明推進協会)などがある他、論文・寄稿多数。


 

久塚 智明 非常勤講師(ひさつか ともあき)

担当授業科目
イノベーションフィールド特論A(MOT専攻科目)

履歴・経歴
昭和53年3月九州大学大学院農学研究科修士課程修了。味の素(株)に入社し、研究開発、支店営業、ユーザー出向、本社事業部、工場技術部等を経験し、食品研究所長・執行役員を歴任。(株)コカ・コーラ東京研究開発センター代表取締役社長を経て、平成19年10月、(株)FBTプランニングを設立し現在に至る。(農学博士、技術士、調理師、九州大学・高知大学・沖縄大学・新潟薬科大学客員教授)


 

眞峯 伸哉 眞峯 伸哉 非常勤講師(まみね のぶちか)

担当授業科目
EU知財法(MIP専攻科目)

履歴・経歴
ドイツ連邦共和国フンボルト大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。ドイツ連邦共和国弁護士登録(2005年)。日本とドイツにおいて10年以上にわたり知財法の実務に携わる。現在ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所に所属。 日本と欧州の比較法的観点からセミナー(ドイツ商工会議所等)を実施。「年報知的財産法」(日本評論社)、「特許ニュース」(経済産業調査会)等論稿にてドイツを中心とした欧州の知財判決ならびに知財法改正を紹介・解説。