ホーム > 最近の活動 > 「変革は、虫の目、鳥の目、魚の目から」をエネルギーレビュー1月号に寄稿しました

関 孝則 教授の最近の活動

「変革は、虫の目、鳥の目、魚の目から」をエネルギーレビュー1月号に寄稿しました

2017/12/25掲載

電力系業界の雑誌「エネルギーレビュー」1月号の随筆に、「変革は、虫の目、鳥の目、魚の目から」というタイトルで寄稿しました。変革の時代を生き残るための三つの目、分析する虫の目、鳥瞰的にとらえる鳥の目、時代の潮目を読む魚の目が重要なこと、そしてそのためには、企業人を離れて、顧客の目線で日常を見ることが近道という視点です。

↑ページのトップへ戻る