ホーム > ニュース&イベント > 【パネルセミナーspecial Round2】パネルセミナーspecial Round2(11月8日開催)  Christina Ahmadjian 先生(一橋大学商学研究科教授)×中原 隆志 (戴  志堅)氏(キャセイトランテック社長)×フェルドマン氏(モルガンスタンレーMUFG証券 シニアアドバイザー、教授就任予定)×田中芳夫嘱託教授(登壇予定)×生越由美教授×若林秀樹教授(モデレータ)

【パネルセミナーspecial Round2】パネルセミナーspecial Round2(11月8日開催)  Christina Ahmadjian 先生(一橋大学商学研究科教授)×中原 隆志 (戴  志堅)氏(キャセイトランテック社長)×フェルドマン氏(モルガンスタンレーMUFG証券 シニアアドバイザー、教授就任予定)×田中芳夫嘱託教授(登壇予定)×生越由美教授×若林秀樹教授(モデレータ)

2017/10/22掲載

 日産のゴーン氏、シャープのテリーゴー氏など、外国人経営者が日本企業においても変革のリーダーシップをとってきた。ROE、ガバナンス改革でも、外国人投資家の存在は大きい。
東芝においても、外国人ではないが、改革してきたのは、土光敏夫氏、石坂泰三氏、藤山雷太氏など、外部経営者だった。
男性社会、「日本」人だけの、ニッポン、日本企業は、今こそ、女性や外国人など、外からのグローバル・オープン・フェア・多様な知見や価値観を活用して、生まれ変わらないといけない。

11月7日、8日の連日開催バネルセミナースペシャルラウンド、8日開催の第二夜は、元一橋大学大学院国際企業戦略研究科長、三菱重工業株式会社等の社外取締役を務める、同大学院商学研究科クリスティーナ アメージャン教授、中国福建省出身・第一期政府国費派遣留学生で、キャセイ・トライテック株式会社を創業、経済同友会「外国人が集まる国のあり方を考える懇談会」副委員長歴任、キャセイ・トライテック株式会社中原 隆志 (戴  志堅)代表取締役社長、新たな技術経営専攻の教授就任予定、テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」にコメンテーター出演、モルガンスタンレーMUFG証券株式会社 フェルドマン シニアアドバイザーをゲストパネラーでお迎えし、教員パネラーとして、新専攻授業科目「リーダーシップと倫理」を担当する外資系企業出身の田中芳夫嘱託教授と生越由美教授を交えて、モデレータ若林教授で激烈討論の開演です。


[開催日時]
平成29年11月8日(水) 19時〜20時30分(受付開始18時35分〜)
※当日は、授業を実施しているため、受付時間前は、ご入場をお断りしております。
[討論テーマ]  「外国人と女性が変える日本企業ガバナンス」

[パネラー]  
○ゲストパネラー クリスティーナ アメージャン氏
一橋大学大学院商学研究科教授、専門研究テーマは、コーポレート・ガバナンスや、グローバリゼーション、資本主義システム、企業グループ、日本のビジネスおよび経営。American Sociological Review, Administrative Science Quarterly, Organization Science, California Management Reviewなど国際専門誌への執筆多数。組織行動や、コーポレート・ガバナンス、ビジネス・リサーチ、リーダーシップ、国際経営等を教える。ハーバード大学卒業、スタンフォード大学ビジネス・スクール経営学修士課程修了、組織行動と労使関係においてカリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスの博士号を取得。コロンビア大学ビジネス・スクール助教授を経て、2001年に一橋大学大学院国際企業戦略研究科の助教授、2004年に同教授、2010年に同研究科長、2012年に現職。ベイン・アンド・カンパニーと三菱電機において民間企業の勤務経験を持つ。エーザイ株式会社(2009年6月‐2013年6月)、三菱重工業株式会社(2012年6月‐現在)、株式会社日本取引所グループ(2014年6月‐現在)の社外取締役を務める。国籍は米国。日本在住21年。

○ゲストパネラー 中原 隆志 (戴  志堅)氏
キャセイ・トライテック株式会社代表取締役社長。1980年に中国政府派遣第一期赴日留学生として来日。中国科学技術大学〜東京大学大学院卒業後、1991年松下電送システム株式会社に入社。FAX通信ソフトウェア及びデジタル通信の開発に従事した後、中国市場を開拓するマーケティング業務を経て、1995年キャセイ・トライテック株式会社を創業。2011年NEC中国・移動端末事業部総経理に就任し、自社を離れるが、2013年春自社に復帰。現在に至る。 経済同友会「外国人が集まる国のあり方を考える懇談会」副委員長としても活躍。

○ゲストパネラー ロバート アラン フェルドマン氏(H30.4.教授就任予定)
モルガンスタンレーMUFG証券シニアアドバイザー。初来日は、1970年に交換留学生として名古屋市の高校に通学。イェール大学卒業後、マサチューセッツ工科大学で経済学博士を取得。野村総合研究所等で研究業務、国際通貨基金勤務、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券主席エコノミスト、モルガン・スタンレーMUFG証券日本担当チーフアナリスト及び経済調査部長を歴任。

○教員パネラー 田中 芳夫嘱託教授
IBM Corporation R&D Aisi Pacific Technical Operation担当、2001年研究開発部門 企画・事業開発担当理事、マイクロソフトCTO等を歴任。新専攻授業科目「リーダーシップと倫理」を担当予定。











○教員パネラー 生越 由美教授
○モデレータ 若林 秀樹教授

[申込みサイト]
http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000408

[SP第一夜]
11月7日(火)開催の第一夜は、
『妄想力が生むイノベーション』
をテーマに、「プレイステーションの父」 サイバーアイ・エンタテインメント株式会社 久夛良木 健代表取締役社長、日経BP社 望月 洋介上席執行役員日経BP総合研究所長をゲストパネラーでお迎えし、モデレータ若林教授で激烈討論の開演です。

[今後のパネルセミナー情報]
11月29日、1月17日、2月10日、2月17日は、参加申し込み受付中!
<2017年11月29日(水)19時〜20時30分>
テーマ:MOTとMBA、民主主義と資本主義
パネラー:
ゲストパネラー
藤末 健三 氏 参議院議員、経産省から東大MOT助教授
澄田 誠  氏 TDK取締役議長、イノテック会長
向  喜一郎氏 半導体シニア協会、SSIS半導体歴史館委員長、日立国際電気元常務
モデレータ 若林 秀樹 教授
<2018年1月17日(水)19時〜20時30分>
テーマ:ガバナンス、アナリスト、投資家の短期志向を避けるために
パネラー:
ゲストパネラー
鈴木 行生氏
日本ベル投資研究所代表取締役、野村證券取締役金融研究所長、野村アセットマネジメント常務執行役員、野村ホールディングス監査特命取締役、日本証券アナリスト協会会長等を歴任。理科大OB
教員パネラー
宮永 雅好 教授
モデレータ 若林 秀樹 教授
<2018年2月10日(土)14時〜15時30分>
テーマ:知財系ベンチャー、AI時代を考える
パネラー:
ゲストパネラー
山 舜平氏 (株)半導体エネルギー研究所社長
教員パネラー
生越 由美教授、関 孝則教授
モデレータ 若林 秀樹 教授
<2018年2月17日(土) 14時〜15時30分>
テーマ:IOT、AI、シンギュラリティ
パネラー:
ゲストパネラー
外資系大手ITデータデバイス企業の日本のトップと登壇交渉中
教員パネラー
関孝則教授、平塚三好教授
モデレータ 若林 秀樹 教授

↑ページのトップへ戻る