ホーム > ニュース&イベント > [9月場の催し]フェルドマン教授の体験授業(9月16日(土))

[9月場の催し]フェルドマン教授の体験授業(9月16日(土))

2017/08/13掲載

平成30年4月開設、社会人大学院『経営学研究科技術経営専攻』の体験授業が始まります。
体験授業は、イノベーション研究科から好評の催しで、新しい専攻の授業は、その日onlyで授業内容を構成し、経営学研究科技術経営専攻へのご入学をご検討され、参加される皆様のみにお贈りします。本課程同様の臨場感で90分の授業にお申込みいただき、ご出席ください。
第1回は、ロバート アラン フェルドマン博士の授業です。
開催日:9月16日(土)
プログラム:
13:30〜15:00 体験授業
15:00−16:00 入試相談会
講師:ロバート アラン フェルドマン氏
(モルガンスタンレー MUFG証券シニアアドバイザー・H30年4月教授就任予定)
体験授業テーマ:
"Market Failure and Government Failure:Which Is Worse?"
授業概要:※授業は、日本語中心で行われます。
Economic debate focuses on government intervention. The left points to market failures such as monopoly, and wants governments to intervene. The right says that government intervention makes things worse. Neither side is 100% right.
There are some very real market failures, such as externalities, economies of scale, asymmetric information, and public goods. However, there are many government failures too, such as rent-seeking, distorted decision rules (e.g. gerrymandered legislatures), silo-based decision ("tatewari-gyosei," in Japanese), and bundled services.
This lecture will outline the various failures of both governments and markets, discuss how these failures impact the economy, and discuss what can be done.
入試相談会:
専攻概要を坂本教授がご説明し、ご参加いただいた皆様とグループディスカッション形式で皆様の質問等に複数の教員がご対応いたします。
各催しの申込みは、近日中に申込みサイトに公開いたします。
[申込み]定員60名
http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000395&from=list&x=20&y=3

↑ページのトップへ戻る