東京理科大学大学院 経営学研究科

“場の催し”ご案内2017

<開催メニュー>

パネルセミナー | 体験授業+入試相談会▽ | 教員ひとこと自己紹介▽

パネルセミナー(2017-2018)

宮永雅好
モデレータ
若林秀樹

各回共通 会場 : PORTA神楽坂 P51教室

今回、外部の有力オピニオンリーダーとMOTの教員により、パネルセミナーを企画しました。
初回は、日本の半導体産業の再編と再生について、エルピーダメモリ元社長の坂本さんと、坂本教授とで、議論します。
2回目は、セイコー電子で役員を歴任された後、産業革新機構の生みの親の一人であり、取締役・産業革新委員を歴任された紺野先生、そして、元アナリスト協会会長、野村証券で役員もされた鈴木さんを招き、それぞれの立場から、イノベーションを起すのは官か民かベンチャーなのか、について、議論します。また紺野先生は、中国のトップや政策にも精通され、世界のエリート、中国のエリートの実態についても、お話を聞きます。そして、鈴木さんは、理科大のOBでもあります。
第3回は、さらに政策の立場から、参議院議員で、以前に東大助教授としてMOTを専門とされていた藤末先生をお招きし、そして、TDK取締役議長・イノテック会長の澄田さん、日立の中研、日立国際電気常務を歴任、海外半導体メーカーのイノベーションにも詳しい向さんと、より、高い視点から、イノベーションを起すのは資本主義なのか民主主義なのか、また、MBAとMOTとの違いなどにも言及します。
第4回は、こうしたイノベーションを見守り、促進する立場のアナリストや投資家の立場から、鈴木さんに再度登壇、宮永雅先生とのガバナンス論、アナリスト論を戦わします。
つまり、第1〜第4回は、イノベーションについて、半導体業界をケースに、業界の立場、官民ファンドあるいは政策の立場、そして証券市場、アナリスト投資家の立場から、多面的に議論することで、通して参加された方は、より広く、深く、イノベーションについて、まだ半導体業界について、知見を得ることでしょう。
第5回は、日本において、ユニークな形態の知る人ぞ知る(株)半導体エネルギー研究所の山社長を招き、知財中心のイノベーション、特にAIの取組みについて、IT専門の関先生、知財専門の生越教授と議論して頂きます。
第6回は、外資系大手ITデータデバイスメーカーの日本法人トップをお招きし、IT専門の関教授と、AIやIOTについて議論する予定です。
短い時間で幅広く深いテーマを討論する上、登壇者は、知の巨人、現場をも知り尽くした方々であり、まさに、知のバトルロイヤル、議論を収束するのは容易ではないかと、思いますが、それこそが、イノベーションであり、忖度のない本音の場を提供したいと思います。また、これが来年度に向けての理科大MOTの新しい講義のあり方の提示であり、予告編です。

※ゲストパネラー等が変更になる可能性があります。

第1回 9/13(水)

坂本幸雄 氏 坂本正典

ゲストパネラー
坂本幸雄

(サイノキング社長、元エルピーダメモリ社長)

教員パネラー
坂本正典

「日本の半導体産業の再生」

19:00〜20:30

 

終了しました

第2回 9/27(水)

宮永雅好 更家富美子 氏

ゲストパネラー
紺野大介 先生

(一般財団法人ETT研究財団会長兼CEO、清華大学招聘教授、北京大学客座教授、元産業革新機構取締役・産業革新委員、元セイコー電子工業(株)取締役CTO、研究開発本部長兼新規事業本部長)

ゲストパネラー
鈴木行生

(日本ベル投資研究所代表取締役、野村證券取締役金融研究所長、野村アセットマネジメント常務執行役員、野村ホールディングス監査特命取締役、日本証券アナリスト協会会長等歴任。理科大OB)

「イノベーションは
 官か民かベンチャーか」
「世界のエリート、中国のエリート」

19:00〜20:30

 

終了しました

Special Round 1 11/7(火)

久夛良木 健 氏 望月 洋介 氏

ゲストパネラー
久夛良木 健

(サイバーアイ・エンタテインメント株式会社代表取締役社長、ソニー株式会社シニアテクノロジーアドバイザー。立命館大学大学院経営管理研究科客員教授、他、多数の社外役員など。ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) の代表取締役社長、ソニー副社長兼COO等を歴任)

ゲストパネラー
望月 洋介

(上席執行役員日経BP総合研究所長、日経BP社日経エレクトロニクス編集長等を歴任)

「妄想力が生むイノベーション」

19:00〜20:30

 

終了しました

Special Round 2 11/8(水)

クリスティーナ アメージャン 氏

ゲストパネラー
クリスティーナ アメージャン

(一橋大学大学院商学研究科教授、専門研究テーマは、コーポレート・ガバナンスや、グローバリゼーション、資本主義システム、企業グループ、日本のビジネスおよび経営。American Sociological Review, Administrative Science Quarterly, Organization Science, California Management Reviewなど国際専門誌への執筆多数。組織行動や、コーポレート・ガバナンス、ビジネス・リサーチ、リーダーシップ、国際経営等を教える。ハーバード大学卒業、スタンフォード大学ビジネス・スクール経営学修士課程修了、組織行動と労使関係においてカリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスの博士号を取得。コロンビア大学ビジネス・スクール助教授を経て、2001年に一橋大学大学院国際企業戦略研究科の助教授、2004年に同教授、2010年に同研究科長、2012年に現職。ベイン・アンド・カンパニーと三菱電機において民間企業の勤務経験を持つ。エーザイ株式会社(2009年6月‐2013年6月)、三菱重工業株式会社(2012年6月‐現在)、株式会社日本取引所グループ(2014年6月‐現在)の社外取締役を務める。国籍は米国。日本在住21年。)

中原 隆志(戴 志堅) 氏

ゲストパネラー
中原 隆志(戴  志堅)

(キャセイ・トライテック株式会社代表取締役社長。1980年に中国政府派遣第一期赴日留学生として来日。中国科学技術大学〜東京大学大学院卒業後、1991年松下電送システム株式会社に入社。FAX通信ソフトウェア及びデジタル通信の開発に従事した後、中国市場を開拓するマーケティング業務を経て、1995年キャセイ・トライテック株式会社を創業。2011年NEC中国・移動端末事業部総経理に就任し、自社を離れるが、2013年春自社に復帰。現在に至る。 経済同友会「外国人が集まる国のあり方を考える懇談会」副委員長としても活躍。)

クリスティーナ アメージャン 氏

ゲストパネラー
ロバート アラン フェルドマン
(H30.4.教授就任予定)

(モルガンスタンレーMUFG証券シニアアドバイザー。初来日は、1970年に交換留学生として名古屋市の高校に通学。イェール大学卒業後、マサチューセッツ工科大学で経済学博士を取得。野村総合研究所等で研究業務、国際通貨基金勤務、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券主席エコノミスト、モルガン・スタンレーMUFG証券日本担当チーフアナリスト及び経済調査部長を歴任。)

宮永雅好 更家富美子 氏

教員パネラー(登壇予定)
田中 芳夫 嘱託教授

(IBM Corporation R&D Aisi Pacific Technical Operation担当、2001年研究開発部門 企画・事業開発担当理事、マイクロソフトCTO等を歴任。新専攻授業科目「リーダーシップと倫理」を担当予定。)

教員パネラー
生越由美 教授

「外国人と女性が変える
 日本企業ガバナンス」

19:00〜20:30

 

終了しました

第3回 11/29(水)

宮永雅好 澄田 誠 氏 向 喜一郎 氏

ゲストパネラー
藤末健三 参議院議員

(経産省から東大 MOT助教授)

ゲストパネラー
澄田 誠

(TDK取締役議長、イノテック会長)

ゲストパネラー
向 喜一郎

(半導体シニア協会、日立国際電気元常務、SSIS半導体歴史館委員長)

「MOTとMBA、民主主義と資本主義」

19:00〜20:30

 

終了しました

第4回 2018/1/17(水)

宮永雅好 宮永雅好

ゲストパネラー
鈴木行生

(日本ベル投資研究所代表取締役、野村證券取締役金融研究所長、野村アセットマネジメント常務執行役員、野村ホールディングス監査特命取締役、日本証券アナリスト協会会長等歴任。理科大OB)

教員パネラー
宮永雅好

「ガバナンス、アナリスト、
 投資家の短期志向を避けるために」

19:00〜20:30

お申込みはこちら

第5回 2018/2/10(土)

山舜平 氏 生越由美 関 孝則

ゲストパネラー
山舜平

((株)半導体エネルギー研究所社長)

教員パネラー
生越由美
教員パネラー
関 孝則

「知財系ベンチャー、AI時代を考える」

14:00〜15:30

お申込みはこちら

第6回 2018/2/17(土)

小池 淳義 氏

ゲストパネラー
小池 淳義

ウエスタンデジタルコーポレーション メモリー開発・生産技術担当シニアバイスプレジデント及び サンディスク株式会社 代表取締役社長

(2006年よりメモリー開発・生産技術担当シニアバイスプレジデントを務める。最先端2D NANDや3D NANDの日本における研究開発および生産技術事業を含む、ウエスタンデジタルのサンディスク事業を統括。また、ウエスタンデジタルの重要なパートナーである東芝との合弁会社の責任者を務めており、東芝と共同運営する四日市工場では世界で使用されるフラッシュメモリーの40%を生産する。これまで半導体業界に30年以上従事し、半導体業界の技術革新をけん引。サンディスク(現ウエスタンデジタル)入社以前は、株式会社ルネサステクノロジの技師長、トレセンティテクノロジーズ株式会社の取締役社長などを歴任。トレセンティテクノロジーズでは、枚葉処理を特徴とする世界初の300mmウェーハの工場を立ち上げる。それ以前は、株式会社日立製作所で生産技術部門や経営の要職を務める。日立製作所では、約20年間の在籍中、主に半導体部門の技術開発に従事する。早稲田大学にて理工学の学士号および修士号を取得。東北大学大学院にて工学研究科電子工学専攻・工学博士号取得。また、全国各地で講演を実施し、東京大学、東北大学と一橋大学で講師も務める。一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会会長。著書:『人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃(PHP研究所)』)

関 孝則 平塚三好
教員パネラー
関 孝則
教員パネラー
平塚三好

「IOT、AI、シンギュラリティ」

14:00〜15:30

お申込みはこちら

ページの先頭へ

<開催メニュー>

パネルセミナー△ | 体験授業+入試相談会 | 教員ひとこと自己紹介▽

体験授業+入試相談会

入学を希望される皆様は、ビジネススクールの授業の多様性を実体験できます。
体験授業の直後の相談会では、3人程度の教員が皆様の疑問を解決します。

体験授業+入試相談会 9/16(土)13:30〜16:00

フェルドマン体験授業フェルドマン「Market Failure and Government Failure : Which Is Worse?」

Economic debate focuses on government intervention. The left points to market failures such as monopoly, and wants governments to intervene. The right says that government intervention makes things worse. Neither side is 100% right.
There are some very real market failures, such as externalities, economies of scale, asymmetric information, and public goods. However, there are many government failures too, such as rent-seeking, distorted decision rules (e.g. gerrymandered legislatures), silo-based decision ("tatewari-gyosei," in Japanese), and bundled services.
This lecture will outline the various failures of both governments and markets, discuss how these failures impact the economy, and discuss what can be done.

入試相談会:(教員)坂本正典・鈴木公明・関 孝則・若林秀樹 (会場)PORTA神楽坂 P51

 

終了しました

 

入試相談会 10/4(水)19:00〜20:30

(教員)宮永博史・生越由美・佐々木圭吾 (会場)PORTA神楽坂 会議室

 

終了しました

 

体験授業+入試相談会 10/25(水)19:00〜21:15

佐々木圭吾体験授業佐々木圭吾「技術者モチベーション・アップの基礎理論」

イノベーションや研究開発活動において、一人一人のユニークな発想や主体的で積極的な取り組みが重要です。そうした個々人のモチベーションに関わる基礎的な理論と本MOTで実施した調査結果を紹介しながら、皆さんと技術者のモチベーションアップについて議論していきます。

入試相談会:(教員)教員:佐々木圭吾・荒木 勉・岸本太一 (会場)PORTA神楽坂 P52

 

終了しました

体験授業+入試相談会 11/15(水)19:00〜21:15

関 孝則体験授業関 孝則「サービス化でのイノベーション−サービス評価/企画手法やIoTサービス化事例−」

IoTなどのテクノロジー活用、さらにそこからのサービス化は、今までのモノ作りとは異なるアプローチ、特に顧客への提供価値の視点が重要になります。IoTなどで実際に製品化やサービス化した事例、その企画からの進め方、その時活用された手法や考え方などの解説や議論を行います。サービスでイノベーションを起こすためのヒントを得る授業です。

入試相談会:(教員)関 孝則・岸本太一・宮永雅好 (会場)PORTA神楽坂 P52

 

終了しました

入試相談会 12/16(土)12:00〜13:00

(教員)佐々木圭吾・淺見節子・橘川武郎 (会場)PORTA神楽坂 会議室

お申込みはこちら

体験授業+入試相談会 12/20(水)19:00〜21:15

若林秀樹体験授業若林秀樹「ニッポンの電機に復活はあるか? 電子部品や精密・装置は大丈夫か?」

半導体、液晶、ノートPCなどでも、世界シェアトップだった日本の電機産業の凋落が厳しい。シャープは鴻海傘下、東芝は苦境、三洋電機はじめ多くの会社が消えた。電機産業に、復活はあるのか、まだ強いとされてきた電子部品や半導体製造装置などは大丈夫か?業界再編の行方は?

入試相談会:(教員)若林秀樹・生越由美・宮永雅好 (会場)PORTA神楽坂 P52

お申込みはこちら

体験授業+入試相談会 2018/1/10(水)19:00〜21:15

徳重桃子体験授業徳重桃子「技術者のためのマーケティング発想」

優れた技術や発想をビジネスにするには、顧客視点に依拠するマーケティング発想が必須ですが、ビジネスの立場ではそれが棚上げされることがしばしばです。体験授業では顧客よりも深く顧客理解するための視点を理解した上で、如何に商品・サービスを磨きあげてゆくのか、実際のマーケティング事例をベースに議論していきます。

入試相談会:(教員)生越由美・徳重桃子・平塚三好・宮永博史 (会場)PORTA神楽坂 P52

 

お申込みはこちら

入試相談会 2018/1/27(土)14:00〜15:30

(教員)坂本正典・荒木 勉・佐々木圭吾・鈴木公明 (会場)PORTA神楽坂 会議室

お申込みはこちら

体験授業+入試相談会 2018/2/3(土)14:00〜16:30

宮永博史体験授業宮永博史「事例で学ぶビジネスモデル・イノベーション − 顧客創造実践講座 −」

製品やサービスが優れていても、売れないことは多々あります。しかし、そこに新しいビジネスモデルを組み込むことで、息を吹き返すこともできます。体験授業では、具体的な事例を使って、優れた技術や製品を活かすビジネスモデルとは何か、グループワークも交えて、その本質を学んでいきます。

入試相談会:(教員)宮永博史・淺見節子・関 孝則・平塚三好 (会場)PORTA神楽坂 P52

お申込みはこちら

ページの先頭へ

<開催メニュー>

パネルセミナー△ | 体験授業+入試相談会△ | 教員ひとこと自己紹介

教員 ひとこと自己紹介

淺見節子

専門は知的財産、特に特許制度。日本企業の研究開発成果をグローバルに保護するための方策を一緒に考えましょう。

荒木 勉

生産・ロジスティクスを担当しています。特にRFID活用や自動化技術について取り組んでいます。

生越由美

特許庁時代からベンチャー企業の知財戦略の失敗例を多数見てきました。技術を強みにできる経営について議論しましょう。

岸本太一

専門は国際経営論と中小企業論。現場派です。これまでに国内外300を超える企業の現場を訪問調査してきました。

坂本正典

日本の電子産業の浮沈をその場体験し、どうすべきかを考え続けています。是非会場で対話しましょう。

佐々木圭吾

専門は経営学。主に知識経営論(ナレッジマネジメント)の視点から、現代企業の経営組織、経営戦略を研究しています。

鈴木公明

「デザイン思考」と「意味のイノベーション」を、実践を通じて研究しています。

関 孝則

4月からデジタルに関わるビジネスを中心に授業。セールスフォース・ドットコム、IBMで新規事業等を担当していました。

橘川武郎

専門は経営史・エネルギー産業論・プロ野球です。イノベーション研究科長を務めています。

平塚三好

博士(工学・課程)米国知的財産修士。米国法律事務所駐在時代、ITベンチャーの知財含め経営サポートを経験しています。

宮永博史

R&D・マーケティング・コンサルティング・経営者の経験をもとに、コンセプト創造、プロトタイピング、ビジネスモデルを教えています。

宮永雅好

専門は、企業財務、証券市場論、企業価値評価、M&Aなどです。一緒に世界で勝負できる企業経営を考えていきたいと思っております。

若林秀樹

電機業界を、シンクタンク、アナリスト、コンサル、ファンドの立場から長年見てきました。起業や新事業経験もあります。

ページの先頭へ


開催会場 〒162-0825
東京都新宿区神楽坂2-6
PORTA神楽坂5階
東京理科大学 専門職大学院
問い合わせ先 東京理科大学 専門職大学院
E-mail: mot@admin.tus.ac.jp
主催 東京理科大学
経営学研究科 技術経営専攻
アクセスマップ
JR総武線、地下鉄有楽町線・東西線・南北線・大江戸線
飯田橋駅より 徒歩1〜3分

東京理科大学教務部経営学部事務課専門職大学院室
TEL: 03-5228-7691[平日 10:00〜19:00]


Copyright (c) 2005- Tokyo University of Science.

ページの先頭へ