MOTで何を目指すか?

ホーム > MOTで何を目指すか? > 教員プロフィール > 宮永 博史

教員プロフィール

宮永 博史

宮永 博史教授

(みやなが ひろし)

担当授業科目

2016年度担当

コンセプト創造論
新事業開発論
テーマプロジェクトA(宮永)
ゼミナール1(宮永)
ゼミナール2(宮永)

履歴・経歴

東京大学工学部/MIT大学院修了。NTT電気通信研究所、AT&Tベル研究所、ルーセントテクノロジー社マーケティング・ディレクターを経て、コンサルティング業界に転じる。SRIインターナショナルを経て、平成12年デロイト・トーマツ・コンサルティング(現アビームコンサルティング)統括パートナーに就任。平成14年同社取締役。平成16年より現職。主な著書に『技術を武器にする経営』(共著、日本経済新聞出版社)、『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』(中経出版)、『理系の企画力』(祥伝社新書)、『成功者の絶対法則セレンディピティ』(祥伝社)、『顧客創造実践講座』(ファーストプレス)など。

ゼミテーマ

  • 事業創造とイノベーション
  • コンセプト創造のマネジメント
  • 技術を武器とするマーケティング手法とその実践
  • デザイン・技術・経営の三方良しを実現するマネジメント
  • 死の谷を越える研究開発マネジメントのあるべき姿

研究内容

成功したコンセプトを模倣する「創造的模倣戦略」、別の言葉で言えば「追いつき追い越せ型」経営から脱却し、自ら新たなコンセプトを「継続的に」創造し続ける「コンセプト創造型」経営への移行に関する研究。コンセプト創造の対象を「製品」に限定せず、「サービス」「ビジネスモデル」「場」「プロジェクト」「事業」、そして「経営」と七領域にまで拡大し、具体的な事例研究からコンセプト創造の方法論を体系化する。

  • 入試説明会・体験授業
  • 資料請求・お問合せ
  • 専門職大学院入試日程
↑ページのトップへ戻る