MOTで何を目指すか?

ホーム > MOTで何を目指すか?

MOTで何を目指すか?

実践の場で活かしてこそのMOT教育

MOTは単なる座学の場ではなくあくまで、MOTで学んだ事を活かし、実務に活用してもらう事を念頭に、各講座を開講しています。

MOTを一つの手段として、自らのキャリアアップに活用して行って頂ければと思います。

将来と得るもの

MOT後の進路

プロジェクトリーダーとして

社内の全てを見渡し、全ての部門と交渉できるマネジメント能力、技術のロードマップを描ける構想力を持つプロジェクトリーダー

幹部技術者として

技術の市場性、事業性を構想し、技術経営について体系的な知識を持ち、産業競争力をデザインできる幹部技術者

コンサルタントとして

技術の市場性、事業性を予測できる能力を駆使して、事業家を支援する、コンサルタント・弁理士・TLOインキュベータ

行政官として

技術が社会貢献や産業の活性化をもたらすための政策の立案能力を備えた科学技術政策担当、産業振興・地域振興担当の行政官

経営者として

技術またはビジネスモデルを活かしたベンチャー経営者

MOTをもっと知ろう

実務経験者が多い先生から学べるので実践の場で生かせるのが魅力
マネジメントを学んだ事で多面的に物事を考えられるようになりました
などなど、MOTを通じて得られた知識を実践で生かしている先輩の体験談はコチラ。

学生・修了生インタビューはこちら

MOTを通じて得られた知識を実践で活かしている先輩たちの体験談

日々の業務の中でMOTで学んだ事を活かせる。
そう感じている在校生や修了生の対談レポートはコチラ。

在学生・修了生対談はこちら

MOTで学んだ事を日々の業務の中に活かす在学生・修了生の対談

院生の全体像、男女比、修了生・在学生の出身企業などなど、MOTを活用する院生の統計データをお伝えします。

院生の全体像はこちら

院生の全体像、男女比、修了生・在学生の出身企業などの統計データ

↑ページのトップへ戻る