理科大MIPとは?

ホーム > 理科大MIPとは? > 特色

特色

知財マネジメントのために

自然科学と社会科学の多面的学問領域における知識を複合的に修得し、国際感覚と知的財産情報リテラシーを備えるなど、理論と実践の両面から課題を把握し、その解決策を戦略的に提案できる能力を持つ、知的財産プロフェッショナルを育成していきます。

知財人財マップに合わせたカスタマイズ教育

本専攻では、基幹科目を中心にベーシックな知識とスキルを修得するとともに知財を創造し、適切に保護して、効率的に活用できる優れたプロフェッショナルを育成するため大学院生一人ひとりが「どのような職場で」「何を専門に」「どういった任務を担うのか」、つまり知的創造サイクルにおけるどのポジションにあるのかを踏まえた個々の知財人材としての目的に沿った「カスタマイズ教育」を行っています。左記図案はそのMIPの教育概念を図案化したものです。

知的創造サイクル

発明や創作といった「創造」を侵害から守るためには、なんらかの「保護」つまり、知財の権利化が必要になります。そうして保護された「創造」を事業などに「活用」し、得られた成果を新たな「創造」への投資につなげることが知的創造サイクルです。

↑ページのトップへ戻る