MIPで何を目指すか?

ホーム > MIPで何を目指すか? > データでみるMIP

データでみるMIP

MIPでは、理学、工学、法学、経営学、経済学等の「理論」と「実践」の融合教育を通して、知的財産マネジメントの実践力を有する人材を養成していきます。

MIPの授業ばかりでなく、自らの行動により、スピードの高まっている変化に即応できる知的財産のプロフェッショナルであるリーダー人材を育成していきます。

※MIPは東京理科大学の登録商標です。

DATA[平成27年度入学者データ]

年令

性別

業種

MIPの対象者(例)

学卒者

  • 理系
  • 文系

社会人

  • 企業の知財部員
  • 企業の経営者
  • シンクタンクの研究者
  • 金融機関の職員
  • 研究開発/企画部門の技術者
  • 教職員等
  • 企業の企画部/営業部員
  • コンサルタント
  • 弁理士/弁護士
  • 行政/公的機関の職員


知的財産戦略専攻は、知財に具体的な課題認識を持っている社会人から学部や大学院を卒業・修了して間もない社会人未経験者まで幅広い方を対象としています。社会人は企業等に勤める方に加え、弁理士や弁護士が学ぶことも想定しています。異なるバックグラウンドを持った人々の議論の場から、新しい発想が生まれています。

就職動向

昨年度の傾向(平成26年度修了生)

知的財産戦略専攻の平成26年度修了生の就職状況は好調といってよいでしょう。また、平成27年度修了見込者の就職活動も引き続き活発であり、多くが知的財産関連業務の担当を希望して、その成果も出ております。知的財産戦略専攻としては、できるだけ個々の大学院生の強みを生かせるような就職先を選べるようきめ細かい就職活動支援を続けています。

主な就職先 <平成22〜26年度修了生>( 50音順)

アイシン精機、アサツーディ・ケイ、アステラス製薬、アビームコンサルティング、出光興産、岩谷産業、NTTコムウェア、荏原製作所、沖電気、川崎汽船、キヤノン、京セラ、KDDI、ソニー、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ソフトバンク、第一生命保険、ダイキン工業、TDK、DIC、テルモ、東映、東京都庁、特許事務所、トヨタ自動車、内閣府、野村総合研究所、ニコン、日本IBM、日本NCR、日本精工、日本たばこ産業、日本電気、日本電産、日本ヒューレット・パッカード、パイオニア、パナソニック、東日本旅客鉄道、ファナック、富士ゼロックス、富士通、双葉電子工業、ぺんてる、ミネベア、三菱電機、三菱UFJホールディングス、矢崎総業、ゆうちょ銀行、ユニ・チャーム、リクルート、リコー、りそな銀行、ルネサスエレクトロニクス、ローランド 他

↑ページのトップへ戻る