カリキュラムの特長

ホーム > カリキュラムの特長

カリキュラムの特長

イノベーションの3つのプロセス

イノベーション専攻では、イノベーションが技術をベースに社会の中に起きる際には、主に3つのプロセスを経由すると捉えています。

第1プロセス:〜プロトタイプ作成

イノベーションを必要とする社会的ニーズのコンセプトを、イノベーターが認識しあるいは創造し、そしてそのコンセプトを具現化するためのプロトタイプ作成に至るまでの技術開発を行うプロセスがあります。

第2プロセス:〜製品の社会普及

第2のプロセスは、そのプロトタイプが市場に提供され、そこからのフィードバックをもとにさらに洗練され、最終的に完成された製品が社会的に普及していくプロセスです。

第3プロセス:〜知的財産の保護と有効利用

第3のプロセスは、イノベーションの成果から上がる利益を、その成果を生み出す努力をした企業や個人がきちんと自分のものと出来るように、イノベーションを結実させる上で知的財産を保護し、有効利用するプロセスです。

イノベーション専攻における教育研究分野

以上3つのプロセスに対応させて、イノベーション専攻における教育研究分野は、「コンセプト・プロトタイピング領域」、「イノベーション・ロジック領域」、「知的財産マネジメント領域」の三つの領域と定めています。

コンセプトプロトタイピング領域:
社会的ニーズのコンセプトを、イノベーターが認識しあるいは創造し、そしてそのコンセプトを具現化するためのプロトタイプ作成に至るまでの技術開発を行うプロセスを研究対象とする
[コンセプト創造研究][プロトタイピング工学研究][技術戦略研究]

  • 理念と特色
  • 資料請求・お問合せ
  • 入試日程
↑ページのトップへ戻る