MOT73026
マネジメント領域:ビジネスエコノミクス
伊丹 敬之・岸本 太一
1・2年次 選択2単位 前期 水曜日 7時限/後期 木曜日 7時限

【授業の概要・目的・到達目標】

概要:「企業の意思決定に貢献する経済学」、「企業の意思決定者の視野を拡げる経済学」。これが本講義におけるビジネスエコノミクスの定義である。
 経済学的なものの見方や企業活動やマクロ環境変化の捉え方には、どのような特徴があるか。そういった見方・捉え方をすると、現実に起きている重要な現象のうち、どのような現象を深く理解できるようになるのか。それらの現象の背後には、どのようなメカニズムが存在するのか。成功する企業拡大や新事業創造の背後には、どのような経済的な論理があるのか。具体的には、こういった疑問に答えることを主な内容とする講義を行う。
 全体の内容は四つの部(+イントロダクション)に分かれる。第一部が「企業の基礎活動、経済学の着眼点」、第二部が「マクロ環境の変化と企業への影響」、第三部が「拡大の成否を左右する経済性」、第四部が「新事業創造を下支えする経済的論理」となる


目的:経済学の特徴である「大きな視野」と「大きな枠組み」によるものの見方および企業活動とマクロ環境変化の捉え方を習得し、その枠組みの中に自らの企業と仕事を位置づけられるようになることを、そして、企業成長と新事業創造の論理をきちんと理解することを、目的とする。こうした「大きな理解」をもった上で企業内部のマネジメントの手法の意義を考えるようになれば、視野を大きく持ったMOTが実践できるようになるであろう。MOTは技術によるビジネスエコノミクスの実践、という理解も可能であろう。

到達目標:上記の目的を達成することが到達目標である。加えて、この講義が終わった後、自社の事例に関して、あるいは、新聞で読む他社の事例や経済の動向に関して、その背後にどんな経済論理があるか、あるいはどんな論理の欠如が問題か、その見当がつくようになるような状態に学生が到達することも目標となる。

【評価】
最終レポート45%、授業中の小レポート30%、授業での議論への参加・貢献25%

<基準>
S評価:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている。
A評価:到達目標を十分に達成している。
B評価:到達目標を達成している。
C評価:到達目標を最低限達成している。
D評価:到達目標を達成していない。

以上の割合・基準にて、評価をする。

【履修にあたっての注意】
講義は議論中心となる。事前リーディングについての議論はするが、講義はしない。リーディングアサインメントを読まずに参加しても意味はないので、必ずきちんと予習をすること。また、事前課題への小レポートあるいはリーディングについての疑問メモの提出が隔週ごとに割り当てられるので、その準備をしてくること。
 小レポートや疑問メモは、授業日前日までの事前メール提出を求める。小レポートをクラスで配布して議論の材料とし、また疑問メモに答える形でリーディングの内容の補足議論をする。小レポート提出と疑問メモ提出は、受講者にとって隔週となるように、小レポートの担当回を第一回の講義の際に決める。
 リーディングおよび小レポートのテーマについては、すべてのアサインメントを詳しく記載したプリントを、第1回の講義までにMOTホームページ学生・教員向けサイトの講義資料一覧の部分にアップする。
 第1回にも、全員に提出してもらう事前課題がある。この点についても、上記のサイトに「第1回事前課題について」というプリントをアップする。そちらを参照し、作成してきてもらいたい。


【準備学習・復習】(準備学習と復習に必要な時間は1科目あたり合計45時間程度が目安)
 準備学習としては、事前に指定されたリーディングを読むことと、自分が担当に当たった週のレポートあるいはメモの作成提出がある。復習としては、クラスで配布されたプリントや資料、学生が作成したレポートを読み返すとよい。

【教科書】
青木昌彦・伊丹敬之著『企業の経済学』 岩波書店
伊丹敬之著『イノベーションを興す』 日本経済新聞社
※ 青木・伊丹の教科書は絶版だが、中古で手に入る可能性がある。この本の中の該当章は、pdf資料を配布する。
以上の他に、著書の一部や論文、講師が作成した補足プリントや雑誌記事等を、多数使用する。これらの入手方法および各回で使用するリーディング資料の詳しいリストについては、第1回の講義までにMOTホームページ学生・教員向けサイトの講義資料一覧の部分にアップする。


【参考書】
特にない。ビジネスエコノミクスの一般的な教科書を参考にしてもいいが、この授業のような視点から書かれた本はほとんどない。

【授業計画】
前期
項目
講義内容
1 経済はすべてエコノミー(オリエンテーション)
【経済学的視角とは何か 
つねに「マクロ」で考える
すべて市場で考える
すべて需給と価格変動で考える
すべてコストで考える
2 景気変動はなぜ起こる
【経済学的視角とは何か◆
マクロ視角の典型例
経済学が提供する経済の俯瞰図
マクロ経済学とミクロ経済学
マクロ経済政策の意味と企業への影響
3 為替はなぜ変動するか
【経済学的視角とは何か】
すべて需給と価格で考える、という視角の典型例
為替は、価格が変動する市場で、最も世界的にインパクトが大きいもの
為替レートの推移のメカニズムと企業への影響
4 情報の有無がもたらすもの
【経済学的視角とは何かぁ
コストに還元してすべてを考える視角、その最大の例
経済的メカニズムと市場取引の背後につねに情報あり
情報はどのようにして集まるか
情報格差と市場裁定取引
5 企業を需要関数と費用関数で見る
【企業と産業をどう捉えるか 
費用関数の背後の生産関数
需要関数と市場での相互作用
価格と生産量を合理的に決定するためには、どのようなことを考える必要があるか
6 資本と労働の束としての企業
【企業と産業をどう捉えるか◆
企業の効率を経済学的に把握する
企業の本源的インプットの捉え方と効率指標の関係
各指標には、それぞれどのような意味が込められているか
7 組織と市場の相互浸透
【企業と産業をどう捉えるか】
産業や企業を取引の束と考える
経済全体の取引の全体像を把握する
モノでも、ヒトでも、カネでも、相互浸透は身近にある
取引費用の経済学
中間組織と系列
8 国際分業と産業構造の変化
【企業と産業をどう捉えるかぁ
日本産業は何で食っていくのか
日本企業の国際分業と国際立地
アメリカと日本の国際分業パターンの違い
9 情報化の進展と産業の変化
【企業と産業をどう捉えるかァ
インターネットの経済学
情報伝達のスピードと精度向上は、市場メカニズムをどう変えるか
IoTの進展が何をもたらすのか
なぜ、Winner take all になるのか
10 規模の経済、深さの経済
【企業成長を導く論理 
一つの事業の中での成長の基本論理
11 組織の経済
【企業成長を導く論理◆
垂直統合による成長の基本論理
垂直統合と規模の経済のジレンマ
12 範囲の経済
【企業成長を導く論理】
別な事業分野への進出(多角化)による成長の基本論理
13 企業買収の成立と合理性
【企業成長を導く論理ぁ
買収はなぜ成立するか
買収価格はどのようにして決まるか
企業買収が成長に繋がるためには、どのような合理性を備えていなければならないか
14 イノベーションの発生メカニズム
【イノベーションの発生メカニズム 
イノベーション発生の経済学的説明
破壊的創造には何が必要か
15 国の企業システムのイノベーションへの影響
【イノベーションの発生メカニズム◆
国の企業システムの違いは、イノベーションの発生メカニズムにどのような違いを与えるか
日本にオープンとベンチャーは不可欠か
16    


後期
項目
講義内容
1 経済学の思考法、会社の中での役立ち方
【イントロダクション】
経済学の思考法の6つの特徴
企業人が経済学を学ぶことで得られる3つのメリット
2 価格と生産量の決定 
【企業の基礎活動、経済学の着眼点 
価格と生産量を経済合理的に決定するためには、どのようなことを考慮する必要があるか
着眼点は、需要の価格弾力性、限界費用、競争構造
3 効率の測定と向上
【企業の基礎活動、経済学の着眼点◆

企業の効率を経済学的に把握する
着眼点は、付加価値と生産性
効率測定に用いる各指標の意味と指標間の関係
4 資源の移動原理の選択
【企業の基礎活動、経済学の着眼点】
企業の様々な活動が資源移動の観点で捉えられる
資源移動の原理を把握する着眼点は、市場か組織か
系列の経済学的解釈
5 取引で発生する問題と解消
【企業の基礎活動、経済学の着眼点ぁ
市場取引の背後には、つねに情報あり
取引で発生する問題の大きな原因は何にあるか
着眼点は、情報の非対称性と取引費用
6 国内景気の変動
【マクロ環境の変化と企業への影響 
経済学が提供するマクロ経済の俯瞰図
景気変動の原因と論理
景気悪化に対する産業と企業のリアクション
7 為替レートの変動
【マクロ環境の変化と企業への影響◆
為替レートの推移のメカニズムと企業への影響
円高に対する産業と企業のリアクション
8 国際分業の進展 
【マクロ環境の変化と企業への影響】
国際分業の進展は、国内拠点にどのような影響をもたらすか
日本企業の国内拠点は何で食っていくのか
9 情報化の進展
【マクロ環境の変化と企業への影響ぁ
IoTの進展は、産業にどのような変化をもたらすか
なぜ、Winner take all になるのか
10 規模の経済、深さの経済
【拡大の成否を左右する経済性 
一つの事業の中での拡大の成否を左右する経済性
11 組織の経済
【拡大の成否を左右する経済性◆
垂直統合による拡大の成否を左右する経済性
12 範囲の経済
【拡大の成否を左右する経済性】
別な事業分野への進出(多角化)による拡大の成否を左右する経済性
13 買収の合理性
【拡大の成否を左右する経済性ぁ
M&Aによる拡大の成否を左右する経済性
事業合理性、組織合理性、買収価格の合理性
14 新事業創造の誘因とインプット
【新事業創造を下支えする経済的論理 
新事業創造に不可欠なインプットとは何か
新事業創造を後押しする誘因にはどのようなものがあるか
15 国の企業システムの新事業創造への影響
【新事業創造を下支えする経済的論理◆
国の企業システムは、企業の新事業創造にどのような影響を与えるか
日本の企業システムには、米国と比較した場合、どのような特徴が見られるか
16    

【備考】