MOT76005
イノベーションフィールド領域:起業家論
橘川 武郎
1・2年次 選択2単位 前期 木曜日 6時限/後期 土曜日 3時限

【授業の概要・目的・到達目標】

概要:イノベーションの担い手となる起業家の役割について、実証的に検討する。起業の実態を理解したうえで、実際の起業家として出光佐三の事例を掘り下げる。受講者各人が、自らが対象者を選定したうえで、「私の起業家研究」と題するレポートをまとめ、発表する。

目的:(1)起業の本質の理解
(2)起業家の役割の認識

到達目標:「私の起業家研究」と題するレポートを作成することを通じて、起業にとって何が重要かを学ぶ。

【評価】
出席が2/3以下の履修者は、評価の対象にしない。
最終レポート(1回提出、分析手法を評価):50%
授業での発表、発言:50%

<基準>
S評価:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている。
A評価:到達目標を十分に達成している。
B評価:到達目標を達成している。
C評価:到達目標を最低限達成している。
D評価:到達目標を達成していない。

以上の割合・基準にて、評価をします。

【履修にあたっての注意】
とくになし。


【準備学習・復習】(準備学習と復習に必要な時間は1科目あたり合計45時間程度が目安)
毎回教科書の輪読部分を読み、自分の考えをまとめておくこと。
「私の起業家研究」と題するレポートをまとめること。
レポートの作成過程で中間発表(2回を予定)を行うこと。
レポートの作成後、最終発表を行うこと。

【教科書】
(1)日本政策金融公庫総合研究所編集・鈴木正明著『新規開業企業の軌跡』勁草書房、2012年。
(2)百田尚樹『海賊とよばれた男(上)(下)』講談社、2012年。

【参考書】
橘川武郎『出光佐三』ミネルヴァ書房、2012年。

【授業計画】
前期
項目
講義内容
1 【オリエンテーション】
起業家論へのアプローチ
起業家論の講義体系を解説し、そのおもしろさ、意義について述べる。
2 【起業の実態の理解1】
なぜ開業後の動態に注目するのか
だれが廃業したのか
教科書(1)序章・第1章の輪読。
3 【起業の実態の理解2】
どのような企業の業績が優れているのか
開業後の雇用はどのように変動したのか
教科書(1)第2章・第3章の輪読。
4 【起業の実態の理解3】
資金をどのように調達したか
どのような取引関係が創業期の業績を高めるのか
教科書(1)第4章・第5章の輪読。
5 【起業の実態の理解4】
仕事に満足しているのはだれか
私生活はどのように変わったのか
新規開業企業はどのような軌跡を辿ったのか
教科書(1)第6章・第7章・終章の輪読。
6 【「私の起業家研究」1】
第1回中間発表
なぜこの起業家を選んだかについて、各人が報告。
7 【起業家の役割の学習1:出光佐三研究】
出光佐三に注目する理由
起業までのあゆみ
教科書(2)序章の輪読。
8 【起業家の役割の学習2:出光佐三研究】
起業と海外進出
教科書(2)第1章の輪読。
9 【起業家の役割の学習3:出光佐三研究】
外地重点主義の徹底
教科書(2)第2章の輪読。
10 【「私の起業家研究」2】
第2回中間発表
レポートの作成状況について、各人が報告。
11 【起業家の役割の学習4:出光佐三研究】
戦後の再出発と日章丸事件
教科書(2)第3章の輪読。
12 【起業家の役割の学習5:出光佐三研究】
民族系石油企業の雄としての活躍
教科書(2)第4章の輪読。
13 【起業家の役割の学習6:出光佐三研究】
出光佐三から何を学ぶか。
【レポート「私の起業家研究」の提出】
教科書(2)終章の輪読。討論。
14 【「私の起業家研究」3】
最終発表
レポートの内容について各人が発表、討論。
15 【まとめ】
起業の本質と起業家の役割
レポートへの講評と講義全体の総括。
16  


後期
項目
講義内容
1 【オリエンテーション】
起業家論へのアプローチ
起業家論の講義体系を解説し、そのおもしろさ、意義について述べる。
2 【起業の実態の理解1】
なぜ開業後の動態に注目するのか
だれが廃業したのか
教科書(1)序章・第1章の輪読。
3 【起業の実態の理解2】
どのような企業の業績が優れているのか
開業後の雇用はどのように変動したのか
教科書(1)第2章・第3章の輪読。
4 【起業の実態の理解3】
資金をどのように調達したか
どのような取引関係が創業期の業績を高めるのか
教科書(1)第4章・第5章の輪読。
5 【起業の実態の理解4】
仕事に満足しているのはだれか
私生活はどのように変わったのか
新規開業企業はどのような軌跡を辿ったのか
教科書(1)第6章・第7章・終章の輪読。
6 【「私の起業家研究」1】
第1回中間発表
なぜこの起業家を選んだかについて、各人が報告。
7 【起業家の役割の学習1:出光佐三研究】
出光佐三に注目する理由
起業までのあゆみ
教科書(2)序章の輪読。
8 【起業家の役割の学習2:出光佐三研究】
起業と海外進出
教科書(2)第1章の輪読。
9 【起業家の役割の学習3:出光佐三研究】
外地重点主義の徹底
教科書(2)第2章の輪読。
10 【「私の起業家研究」2】
第2回中間発表
レポートの作成状況について、各人が報告。
11 【起業家の役割の学習4:出光佐三研究】
戦後の再出発と日章丸事件
教科書(2)第3章の輪読。
12 【起業家の役割の学習5:出光佐三研究】
民族系石油企業の雄としての活躍
教科書(2)第4章の輪読。
13 【起業家の役割の学習6:出光佐三研究】
出光佐三から何を学ぶか。
【レポート「私の起業家研究」の提出】
教科書(2)終章の輪読。討論。
14 【「私の起業家研究」3】
最終発表
レポートの内容について各人が発表、討論。
15 【まとめ】
起業の本質と起業家の役割
レポートへの講評と講義全体の総括。
16  

【備考】