MOT71009
演習科目群:ゼミナール2(徳重)
徳重 桃子
2年次 必修8単位 前期・後期 土曜日 5-6時限

【授業の概要・目的・到達目標】

概要:<運営> ゼミは、徳重ゼミ単独で行うセッションと複数の先生からの異なる視点での示唆を頂ける拡大ゼミを併用して実施します。ゼミには、卒業生も参加して、活発な議論が行われます。
<研究テーマ、ゼミナールの進め方など> MOTペーパーテーマは、学生の問題意識にあわせて設定します。課題設定そのものが、MOTペーパーの重要な要素と考えて、「本当に知りたいこと、解決したい課題は何か」について深く考え、ゼミでのディスカッションを通して明らかにし、その上で研究を進めていただきます。
修了生とのゼミ、他ゼミとの合同ゼミのスケジュールは暫定のスケジュールです。調整の上、最終決定いたします。

目的:「本当に知りたいこと、解決したい課題は何か」について深く考え、ゼミでのディスカッションを通して明らかにし、その上で研究を進めていただきます。  
*「顧客発想」「顧客発想のR&D」と思いながら、糸口がつかめない  
*自分や会社の優れた商品、技術が市場に受け入れられなかった理由を探したい  
*マーケティング部門の人と対等に話ができる力をつけたい 等、マーケティング周辺の課題をお持ちの方を歓迎します。

到達目標:解決すべき課題を明確にし、解決仮説を設定し、具体的な調査(リサーチ、実験、プロトタイプ作成等)を行なうことで、独自の視点での解決策を提案することゴールとする。テーマによっては、それぞれの重みづけは異なる。

【評価】
研究への取り組み  50%
ワーキングペーパー 50%

<基準>
S評価:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている。
A評価:到達目標を十分に達成している。
B評価:到達目標を達成している。
C評価:到達目標を最低限達成している。
D評価:到達目標を達成していない。

以上の割合・基準にて、評価をします。

【履修にあたっての注意】
自身の課題だけでなく、ゼミメンバーへの助言も積極的に行ってください。

【準備学習・復習】(準備学習と復習に必要な時間は1科目あたり合計45時間程度が目安)
事前にどれだけ準備ができているかで、セミの時間の有効性が変わります。「悩む」のではなく、「考えを前に進める」ことを心がけて準備してください。

【教科書】
特になし

【参考書】
特になし

【授業計画】
前期・後期
項目
講義内容
1 オリエンテーション ゼミの進め方、スケジュールについて参加メンバーと共に検討し、決定します。
2 個別テーマの発表1 記述形式でテーマについてまとめ、発表いただきます。
3 個別テーマの発表1 記述形式でテーマについてまとめ、発表いただきます。
4 過去のMOTペーパー プレゼンテーション
これまでの卒業生に来校頂き、プレゼンテーションをしていただきます。(徳重ゼミ修了生)
5 発表とディスカッション
各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
6 発表とディスカッション
各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
7 Scan MTG 変化の予兆を捉えるための、Scanning活動を行います。
8 他ゼミとの合同ゼミ 他ゼミとの合同ゼミを行います。
9 発表とディスカッション
各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
10 修了生 ゼミジャック 修了生を招き、メンバーのペーパーの進捗状況についてコメント頂きます。
11 発表とディスカッション
各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
12 発表とディスカッション 各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
13 他ゼミとの合同ゼミ
他ゼミとの合同ゼミを行います。
14 発表とディスカッション
各自の進捗状況についてを定期的に発表いただき、それを皆でディスカッションします。自分自身のテーマだけでなく、他メンバーのテーマにも積極的にかかわり、視野を広げてください。必要に応じて、フィールドワークや個別の相談もいたします。
15 前期まとめ
これまでの成果を確認し、夏期に取り組むべき課題を明らかにします。
16    


項目
講義内容
1 発表とディスカッション
MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
2 Scan MTG 変化の予兆を捉えるための、Scanning活動を行います。
3 拡大ゼミによる発表 宮永ゼミと合同でのMOTペーパー発表会を行います。
4 拡大ゼミによる発表 宮永ゼミと合同でのMOTペーパー発表会を行います。
5 発表とディスカッション MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
6 修了生 ゼミジャック 修了生を招き、メンバーのペーパーの進捗状況についてコメント頂きます。
7 他ゼミとの合同ゼミ 他ゼミとの合同ゼミを行います。
8 Scan MTG 変化の予兆を捉えるための、Scanning活動を行います。
9 発表とディスカッション MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
10 MOT中間発表(1) MOTペーパー中間発表会
11 MOT中間発表(2) MOTペーパー中間発表会
12 個別MTG MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
13 個別MTG MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
14 個別MTG MOTペーパー作成に向けて、詳細を煮詰めて行きます。
15 MOTペーパー提出 MOTペーパー提出
16    

【備考】
ゼミメンバー、関心事によってはフィールドワーク等を取り入れ、スケジュールも変更することがあります。