MOT71009
演習科目群:ゼミナール2(佐々木)
佐々木 圭吾
2年次 必修8単位 前期・後期 土曜日 5-6時限

【授業の概要・目的・到達目標】

概要:これまで学んだことの集大成として、参加者一人一人MOTペーパーを完成させることが目的であるけれども、MOTペーパーはゼミナール参加者全員で仕上げていくものでもあると考える。参加者同士の意見の交換や情報の提供などの議論がきわめて重要である。本ゼミナールでは、ゲストスピーカー講演やフィールドリサーチ(企業や工場などの実地見学)を含め、ゼミナール内、ゼミナール外との「対話」を知の方法論として進めていきたい。なお、他のゼミとの合同発表会を適宜開催し、多くの人の意見を拝聴できるようにするつもりである。

目的:MOTペーパー研究の遂行と完成を目的とする。

到達目標:MOTでの勉強の総仕上げと、新しいMOT理論を自ら構築できることを目標とする。

【評価】
ゼミナールへの積極的参加度(50%)とMOTペーパーの完成度(50%)を総合的に評価する。MOTペーパーの提出時期や作成要領については、大学よりの案内を参照されたい。

<基準>
S評価:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている。
A評価:到達目標を十分に達成している。
B評価:到達目標を達成している。
C評価:到達目標を最低限達成している。
D評価:到達目標を達成していない。

以上の割合・基準にて、評価をします。

【履修にあたっての注意】
フィールドリサーチ以外にも研究報告合宿を夏と春に実施する予定。また、ゼミナール選択に関し質問などがある場合は、メール頂きたい

【準備学習・復習】(準備学習と復習に必要な時間は1科目あたり合計45時間程度が目安)
参加者の主体的な取り組みが必要となる

【教科書】
なし。

【参考書】
適宜指定。

【授業計画】
前期・後期
項目
講義内容
1 【オリエンテーション】
ゼミナールの進め方などを決める
2 【テーマ発表(問題意識)】(1) MOTペーパー研究の企画発表
そもそもどういった問題設定をするのかは、MOTペーパー研究にとって極めて重要である。ゼミナール全員で個々のテーマを議論し、筋のいい問題設定が出来るようにする。
3 【テーマ発表(問題意識)】(2) MOTペーパー研究の企画発表
そもそもどういった問題設定をするのかは、MOTペーパー研究にとって極めて重要である。ゼミナール全員で個々のテーマを議論し、筋のいい問題設定が出来るようにする。
4 【テーマ発表(問題意識)】(3) MOTペーパー研究の企画発表
そもそもどういった問題設定をするのかは、MOTペーパー研究にとって極めて重要である。ゼミナール全員で個々のテーマを議論し、筋のいい問題設定が出来るようにする。
5 【ゲストスピーカー講演、またはフィールド・リサーチ】(1) ゲストスピーカーの講演
全員の関心を聞いた上で、相応しいであろう実業家や研究者に講演していただく。
6 【テーマ発表・検討】(1) MOTペーパー研究の企画発表
問題意識を洗練させ、意味のある研究テーマをつくる
7 【テーマ発表・検討】(2) MOTペーパー研究の企画発表
問題意識を洗練させ、意味のある研究テーマをつくる
8 【テーマ発表(テーマ決定)】(3) MOTペーパー研究のテーマを決定する
問題意識を洗練させ、意味のある研究テーマをつくる
9 【ゲストスピーカー講演、またはフィールド・リサーチ】(2) ゲストスピーカーの講演
全員の関心を聞いた上で、相応しいであろう実業家や研究者に講演していただく。
10 【研究発表(基礎調査)】(1)
MOTペーパー研究成果の報告
取り上げる不思議な事象・データや、それについての関連する既存研究を調べる
11 【研究発表(基礎調査)】(2) MOTペーパー研究成果の報告
取り上げる不思議な事象・データや、それについての関連する既存研究を調べる
12 【研究発表(基礎調査)】(3) MOTペーパー研究成果の報告
取り上げる不思議な事象・データや、それについての関連する既存研究を調べる
13 【研究発表(基礎調査)】(4) MOTペーパー研究成果の報告
取り上げる不思議な事象・データや、それについての関連する既存研究を調べる
14 【研究発表(前期のまとめ)】(1) MOTペーパー研究成果の報告(夏休み前に大まかな構成やリサーチ方法を決定する)
15 【研究発表(前期のまとめ)】(2) MOTペーパー研究成果の報告(夏休み前に大まかな構成やリサーチ方法を決定する)
16    


項目
講義内容
1 【オリエンテーション】
後期ゼミナールの進め方
2 【研究発表(調査分析)】(1)
MOTペーパー研究成果の報告
夏休み中の研究成果を報告し、例えば集めたデータの解釈など、全員で議論し、研究を進めていく
3 【研究発表(調査分析)】(2) MOTペーパー研究成果の報告
夏休み中の研究成果を報告し、例えば集めたデータの解釈など、全員で議論し、研究を進めていく
4 【研究発表(調査分析)】(3) MOTペーパー研究成果の報告
夏休み中の研究成果を報告し、例えば集めたデータの解釈など、全員で議論し、研究を進めていく
5 【ゲストスピーカー講演、またはフィールド・リサーチ】(3) ゲストスピーカーの講演
全員の関心を聞いた上で、相応しいであろう実業家や研究者に講演していただく。
6 【研究発表(仮説の再構築)】(1) MOTペーパー研究成果の報告
これまでのリサーチを振り返り、仮説や分析枠組みを再構成し、面白い論文に仕上げていく
7 【研究発表(仮説の再構築)】(2) MOTペーパー研究成果の報告
これまでのリサーチを振り返り、仮説や分析枠組みを再構成し、面白い論文に仕上げていく
8 【研究発表(仮説の再構築)】(3) MOTペーパー研究成果の報告
これまでのリサーチを振り返り、仮説や分析枠組みを再構成し、面白い論文に仕上げていく
9 【OBも招いた中間発表会】
OBを招いてMOTペーパー研究成果の報告を行い、コメントをもらう
10 【MOT(正式)中間発表会】(1) MOTでの正式な中間発表会。
11 【MOT(正式)中間発表会】(2) MOTでの正式な中間発表会
12 【研究発表(論文の総仕上げ)】(1) MOTペーパー研究成果の報告
中間発表会での副査の先生やゼミ外の方からのコメントを活かし、論文の総仕上げを行う
13 【研究発表(論文の総仕上げ)】(2) MOTペーパー研究成果の報告
中間発表会での副査の先生やゼミ外の方からのコメントを活かし、論文の総仕上げを行う
14 【研究発表(論文の総仕上げ)】(3) MOTペーパー研究成果の報告
中間発表会での副査の先生やゼミ外の方からのコメントを活かし、論文の総仕上げを行う
15 【研究論文の完成と提出】
MOTペーパーのドラフトの最終確認と提出
16    

【備考】